2016年度 学内プレゼンテーションコンテスト出場者向けワークショップ

2016.12.16

徹底的な事前指導で、本番までにプレゼンテーションスキルと自信を高めます

神田外語学院では2017年2月7日(火)、「2016年度 学内プレゼンテーションコンテスト」の決勝戦が行われます。今年度は14組、42名の学生がエントリーをしています。

 

出場者は全員、グローバルコミュニケーション科コーディネーター・レンフロ比佐子先生と外国人教員監修による特別ワークショップを受講することができます。

 

学生たちは、当日までにさらにスキルを高め、自信を身につけ、発表へと挑みます。

 

今大会の注目ポイントは、さまざまな学科に所属する学生たちでチームが編成されていることです。多くの学生たちは、今回のプレゼンテーションコンテスト出場をきっかけに知り合い、そしてそれぞれの学科での学びやアイディアなどを取り入れながら、1つのプレゼンテーションを制作していきます。

 

ワークショップは定期的に行われ、伝えたいアイディアを明確にする方法や、情報の収集・取捨選択の方法といったプレゼンテーションを構成する以前に必要なノウハウを教わることから始まりました。

12月7日(水)のワークショップでは、チームごとに外国人教員が英語やプレゼンテーションで伝えたい内容や意図などを確認しました。学生は、教員へ自分のプレゼンテーション内容を説明することにより、伝えたいメッセージを再確認することができた様子でした。
そして12月14日(水)には、レンフロ比佐子先生から、決勝進出に向けて、それぞれが冬季休暇中にやっておくべき課題について説明を受けました。
今年度も熱戦が期待されそうです。

決勝戦までの道のり

2017年1月31日(火)13:40~、予選
2017年2月7日(火)13:40~、決勝

観覧ご希望の高校生、受験生のみなさん

予選、決勝をご観覧いただけます!
ご希望される方は、神田外語学院入試センターまでお問い合わせ下さい。
※プレゼンテーション発表中以外は、入退場可能です。観覧ご希望の日時をお聞かせ下さい。

お問い合わせ先

神田外語学院入試センター

フリーダイヤル:0120-815-864

E-mail:pr@kifl.ac.jp

関連リンク