内定者インタビュー/アンダーズ東京

2017.05.09

アンダーズ東京 内定

幼い頃の夢がホテルマンでした。学生のうちはマーケティングなども学びたいと考えており、幅広いビジネス知識を身につけられる国際ビジネスキャリア科に入学しました。国際ビジネスキャリア科の授業は、提示された写真に関連付けて自分をPRする「右脳トレーニング」や、出されたお題に沿って即興でプレゼンテーションする「1分間プレゼン」など、ユニークで実用的なものばかりです。クラス全員で話し合いやディスカッションをする機会もたくさんあり、様々な立場の意見を聞くことで、自分の考え方の幅が広がったと思います。また、相手に対して自分の思っていることをどう伝えるかということを意識するようになりました。

 

採用試験では、まさに自分をPRするという試験があり、授業での経験がそのまま役に立ちました。日々の授業を通して「自分が自分のことを一番よく知っている」という自信がついていたからこそ、就職活動がうまくいったのだと思います。皆さんも、まずは自分自身のことを知り、自分で自分のことを好きになって下さい。そうすれば、きっと自信に繋がると思います。

 

就職活動中は、国際ビジネスキャリア科の先生方をはじめ、キャリア教育センターの方々など、たくさんの方にとてもお世話になり、心から感謝しています。ご支援本当にありがとうございました。

阿部 京介さん/国際ビジネスキャリア科2年
神奈川県立座間総合高校出身