第9回 全国学生英語プレゼンテーションコンテスト
2020年11月28日開催!

2次予選:2020年11月21日 <オンライン開催>

本選:11月28日 <会場:神田外語大学・ファイナリストのみ>

本選進出者発表!本選11月28日(土)開催!
  • 2020.11.21本選進出者発表!
  • 2020.11.21【18:25】2次予選の審査結果・発表内容確認に時間を要しております。発表まで今しばらくお待ちください。
  • 2020.10.292次予選進出者発表(PDF)!
  • 2020.10.21本年度の応募を締め切りました。2次予選進出者発表は10/29(木)を予定しています。
  • 2020.10.13応募締切まであと1週間!10月20日締切!
    コンテストの応募締め切りまで残り1週間。10月20日までに、エントリーと課題提出を済ませて下さい。ご応募お待ちしております!
  • 2020.7.222次予選は11月21日(土)にオンライン開催となりました。
  • 2020.4.28エントリー受付開始!
  • 2019.12.24第9回大会テーマ発表!ホームページ公開しました
  • 2019.12.2第8回大会の受賞者を発表!
  • 2019.10.312次予選進出者発表!(PDF)
  • 2019.10.23本年度のエントリー締め切りました。沢山のご応募ありがとうございました!
  • 2019.8.20本選審査員の紹介を追加しました
  • 2019.5.29エントリー受付開始!
  • 2019.4.25第8回大会テーマ発表!ホームページ公開しました

NOTICEお知らせ
【重要】新型コロナウイルス感染症に伴う変更点についてNotice / Our Response to Novel Coronavirus (COVID-19)

新型コロナウイルス感染症に関する影響が多岐に渡る中、本コンテストの運営及び予定していたテーマ(課題)の一部を、見直す必要が出て参りました。「テーマ1」の内容を変更しましたので、ご確認をお願い致します。昨今の世界情勢の急変を踏まえ、ご理解頂ければ幸いです。

本コンテストはオンラインでの課題提出のため、現時点では募集開始・コンテスト実施予定です。しかしながら、今後の状況を見極めつつ大会開催が変更となる可能性もある旨、ご了承頂ければ幸いです。事態の急変の際には当局からの要請に従い、決して無理をしないようお願い致します。

Due to the widespread impact of the novel coronavirus (COVID-19), it has become necessary to review the administration of this year's English Presentation Contest. Theme 01 has already been changed, so please check it. We would like to ask for your understanding in light of current global conditions.

At this time, the English Presentation Contest is accepting all online entries and is still planning to hold the 2nd round and the final round. However, as the date of the contest nears, please be advised that the format of the Contest may be adjusted in consideration of changing circumstances. We ask that all contestants continue to follow the instructions of the authorities, and not to overexert themselves while preparing for the Contest.

INTRODUCTIONはじめに

グローバル社会での活躍を期待される学生たちのスキルアップの場として、第9回全国学生英語プレゼンテーションコンテストを開催します。本選審査員は国際社会で活躍されている方々。この大会を通して、語学力と表現力を高め、論理的な思考力や独創性を追求して下さい。テーマを深堀する際には国内のみならず海外の事例にも目を向けてみて下さい。英語で発表することにより、世界の多様な背景を持つ聴衆にうったえる力を養ってもらいたいと思います。実現の可能性が高いというだけで評価されるわけではなく、オリジナリティに溢れるアイデアというだけで評価されるわけでもありません。両方の観点を総合して審査します。

In an effort to support the growth of today’s students who will be expected to participate in a globalized society, we hereby announce the opening of the 9th All Japan Student English Presentation Contest.
Through this contest, it is expected that participants will increase their language and expressive abilities as well as their formulation of logical thought and creativity. When researching a theme, it is also expected that participants will not limit themselves to Japan, but expand their search to include examples and precedent from other countries as well. As the language used in presentations is English, it is hoped that this will foster within participants an ability to appeal to a worldwide audience from diverse backgrounds.
The judges in the final round are all people who have been active at the international level. Presentations are not judged merely on their potential for realization, nor only for their originality and uniqueness. Rather, both of these points taken as a whole are important in the judging.

PRESENTATION THEMESプレゼンテーションテーマ

THEME 01

これからの時代に必要な
教育のあり方を提案!

Present on the future of education
for the next generation!

新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大をきっかけに、教育のあり方が問われています。学校に行けず、授業のイメージが大きく変わりました。しかし、このような状況は、改めて「教育」というものを考え直すチャンスでもあります。今回の危機を受け、皆さんも新たな経験、気付きがあったと思います。コロナ後を見据えて、日本における、新しい教育のカタチを提案してください!

Due to the global spread of the novel coronavirus (COVID-19), the way education is conducted has been called into question. Unable to attend school, the concept of the classroom has changed significantly. However, this situation presents an opportunity to re-envision education itself. In the wake of the crisis, everyone has had new experiences and made novel observations. Imagine the state of the world Post-Corona, and present a new framework for education in Japan.

POINT

従来の学校という場所や学習方法にとらわれず、あり方そのものを考えてみてください。他国での取り組みにも目を向け、コミュニケーションの取り方、ネットワークの築き方、社会との関わり方など幅広い観点から、既存の枠組みを超えた発想を期待しています。児童から学生まで、対象は問いません。予想される障害や、その解決策も考えてみてください。

Please consider the concept of education itself without being limited by the idea of traditional schools and learning methods. You should see things from various angles by looking at what other countries have done, considering how to communicate, build networks, and how to become involved with society. Your idea should go beyond the existing framework of education, and the students in question can be from any age range. Also, please consider the limitations of your idea and strategies for dealing with them.

THEME 02

全国の無人駅を活用!
人々が集うクリエイティブな企画を提案

Make use of unmanned stations!
Present a creative plan to attract many people

日本全国に数多くある鉄道の無人駅。少子高齢化が進み維持が難しい路線も増える中、駅を自由に使い、人が集い、駅や街ににぎわいを創る企画を立てることになりました。提案内容は駅や鉄道路線を活用したサービス、最新技術を駆使した実験や、環境を活かした案など、何でも構いません。一過性のイベントで終わらない、地域も鉄道も成長できるような案を期待しています。

Throughout Japan, there are a copious number of un-manned stations. In the midst of Japan’s aging society, upkeep and maintenance of seldom-used train lines has become difficult. You have been tasked with creating a plan that promotes the use of these stations and turns them back into gathering spaces and places of activity. The plan can be a service that makes direct use of the train lines, an experiment that employs the latest technology, something that uses the environment, or anything else. The plan should not be temporary; it is expected to be a long-term one that allows the railway and the surrounding land to prosper and grow into the future.

POINT

具体的な駅や路線の利用を想定して、提案してください。複数の駅、路線を含めた案でも構いません。人々が集い、駅や路線・地域に価値を生み出す事が目的です。日本人だけでなく、新たな日本の体験を楽しみにしている外国人客も巻き込み、ブームとなるような企画を期待しています。※このテーマに関しては、駅や鉄道の使用許諾を取得しなくてもかまいません。

Please consider and specify which line(s)/station(s) would be used in the plan. It is alright to include multiple stations and/or lines. The goal should be to create value at the stations/lines to attract people. It is also expected that your plan will create a sensation to appeal to not only Japanese, but also inbound tourists interested in experiencing a different side of Japan.
*For this theme, it is not necessary to acquire permission from train companies to use their stations/lines.

THEME 03

地球規模の気候変動問題に
自分たちができる事を提案!

Propose a plan to combat global climate change at the individual level!

現在深刻な問題となっている地球温暖化。石炭火力発電への依存や化石燃料への投資など、脱炭素化が進まず日本は環境後進国とも言われています。国や業界など大きな枠組みで取り組むのと同時に、私たち一人ひとりの行動の変化で、未来を変える事が出来るかもしれません。気候変動問題に対し個人レベルでできる工夫を提案し、一人でも多くの人が行動できるような案を発表してください。

Now, the planet faces the extremely grave threat of global warming. Japan is considered to be an undeveloped country in terms of decarbonization due to its reliance on coal power and investments into fossil fuels. While countries and industries are taking action on a large scale, it may be possible for we as individuals to alter our actions to change the future as well. Create and present an effective plan at the individual level that as many people as possible could accomplish that would contribute to solving the problem of climate change.

POINT

国連気候変動サミットでは、あらゆる国の政府、企業、人々に対し、気候変動対策の取り組みに加わるよう強く訴えています。CO2排出量をゼロにする活動や、食品廃棄物を半減させる活動なども対策の一環です。今回は、個人レベルでできることを提案してください。一人でも多くの人に地球環境問題に意識を向けてもらい、いかに無理なく継続できるかがポイントとなります。

The U.N. Climate Action Summit strongly asserts that all governments, industries, and people need to come together to take action and contribute to solutions to combat climate change. Reducing CO2 emissions to zero and halving the amount of food waste etc. are all actions that make up parts of the larger plan. For this presentation, you should propose a plan that can be enacted at the individual level. The plan should make as many people as possible aware of global environmental issues and explain how the action in the plan could be continued by individuals sustainably and without difficulty.

QUALIFICATIONS応募資格・対象者

〇前回大会より、若干の変更があります。

対象者
大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生、4年次以上の高等専門学校生

学校教育法で定める大学、大学院、短期大学、専門学校および4年次以上の高等専門学校に在籍する正規課程学生(研究生や短期留学生、科目等履修生は除く)。

※ただし、以下の者は対象外とする。
・本人または保護者が英語を母語とする者
・英語圏での6歳以上の就学経験・留学経験が合計13か月を超える者
・国内外にあるインターナショナルスクールや外国大学日本校に就学した者

※本大会の参加資格における「英語圏」とは、英語を
・第一言語
・公用語
・公用語に準ずる言語
として使用する国・地域をいいます。

※具体的な国名・地域名はこちらをご覧ください。

当サイトに掲載の内容は主催者や後援・協賛・特別協力・協力企業や団体の公式的な見解を示すものではありません。

ENTRY STATUS 皆さんからの提案地域 エントリー状況

Q. どこの地域のツアーを
提案したいですか?

エントリー 0件
エントリー 1〜4件
エントリー 5〜9件
エントリー 10件以上

VOICEインタビュー

エントリーを考えている方々へ
先輩たちからの応援メッセージ!

VOICE-MOVIEムービー

MOVIE

VOICE-INTERVIEWインタビュー

INTERVIEW

先輩たちのプレゼン、
インタビューなどを配信中!

PAGE TOP

コンテスト情報が満載!
今すぐアプリをダウンロード!

①「BLIPPAR」アプリをダウンロード ②このチラシにかざす ③プレゼンのヒントがたくさん!