FAQQ&A

すべてのQ&Aを見る

APPLICATION応募について

Q1ウェブサイト以外からの応募方法はありますか。
A

応募は、大会公式サイトを通じたもののみを受け付けます。
郵送その他の方法による応募は受け付けませんのでご了承ください。

Q2‘重複応募の制限’について、どのような点に注意すればよいでしょうか。
A

次に挙げた事例は重複応募となりますので応募される際は十分ご注意願います。

  • 1エントリーフォーム送信後、グループメンバーの変更があったので、再度エントリーした場合。
    (メンバー変更の方法はQ6を参照)
  • 2個人の部とグループの部の両方にエントリーした場合。
    (グループのメンバーが別のグループにもエントリー、または個人の部にもエントリーする場合も含まれます。)
  • 3一度提出した1次予選課題に修正を加えて再提出した場合。
Q3外国籍の学生でも参加できますか。
A

応募資格を有していれば問題ありません。留学生の皆さんも奮ってご参加ください。
なお、英語を母語とする者、および英語圏就学経験(留学経験も含む)が合計13か月を超える者、また日本国内にある外国人学校(インターナショナルスクール等を含み、主に英語により授業が行われる教育施設)で就学した者は応募資格の対象外となりますので、ご注意ください。

Q4グループの部で2名での参加は可能ですか。
A

グループの部は2名または3名での応募が可能です。エントリーフォーム記入時に選択してください。

Q5グループ参加の場合、参加者は同じ学校である必要がありますか。
A

必要ありません。したがってグループの部で参加者の学校が同一でなくとも参加可能です。

Q6グループの部でエントリーフォーム送信後にメンバーを変更することはできますか。
A

エントリーのみで課題提出前の場合は可能です。新しいメンバーで再度エントリーをして、重複応募にならないように、【お問い合わせフォーム】よりグループの削除依頼をしてください。ただし課題提出後は、メンバーの変更は認められません。

Q7エントリーフォーム提出後、発表テーマを変えても良いですか。
A

可能です。1次予選課題提出時に最終的に選択したテーマにて、審査されます。ただし、1次予選課題提出後は、2次予選・本選での発表テーマの変更は認められません。

Q8過去の大会の受賞者は参加出来るのですか。
A

出来ます。ただし、シード権等は付与しませんので、初めての方と同様にエントリー及び1次予選からの応募となります。

Q9応募締切りが個人の部とグループの部で異なりますか。
A

締切り日に応募が集中することに対応するため、個人の部とグループの部で締切り日が異なりますのでご注意願います。

締切り日 個人の部2019年10月21日(月)24:00
グループの部2019年10月22日(火)24:00
  • ※締切り直前はサイトのアクセスが多くなり混雑する恐れがある為、ご応募はお早めにお願いいたします。
  • ※通信状況等によるイレギュラー対応は、コンテストの公平さを期すため対応致しかねますので、予めご了承ください。

PRESENTATIONSプレゼンテーションについて

Q1発表に際して、原稿やメモ等を手元に置いてもよいですか。
A

発表英文の暗記が目的ではありませんので問題ありません。しかしながら訴求力の高いプレゼンテーションに身振り手振りを交えた身体表現は不可欠と思われ、審査基準(Delivery=口頭発表力)にもそれを反映させています。

Q2プレゼンテーションに用いるデータ等を作成するときに、扱う資料の出典を記す必要がありますか。
A

出典は必ず記すようにしてください。表示方法は自由です。
応募の際は著作権など他人の権利を侵害しないよう十分注意してください。
万一問題が生じた場合は応募者の責任になります。

Q3グループの部で、発表時にメンバーの発話量に偏りがあってもよいのでしょうか。
A

偏ることなく、それぞれのメンバーが発表を受け持つよう構成してください。発表時間の概ね3分の1もしくは2分の1ずつを分担するものと考えて差し支えありません。

Q4プレゼンテーションの内容について、どこまでの専門性が許容されるでしょうか。
A

選択するテーマによっては、発表の内容が専門的にならざるを得ない部分もあるでしょう。ただし、聞き手が必ずしも専門家ではないことを念頭において話していただく必要があります。聞き手が理解することもプレゼンテーションの重要な要素です。

JUDGING審査について

Q1制限時間を超えたかどうかを出場者はどう判断できるのですか。
A

残り時間が3分、1分及び30秒となった時点でタイムキーパーがお知らせします。

Q2予選は、本選と同じ審査員が行うのですか。
A

予選と本選では審査員が異なります。本選審査員は決まり次第、順次ホームページでお知らせします。

Q32次予選の審査基準は、本選と同じですか。
A

ABOUT CONTESTのページのOUTLINE(大会概要)【2次予選・本選審査基準】をご確認ください。

THE CONTEST大会当日について

Q1大会に参加するための費用にはどのようなものがあるのですか。
A

参加料等は一切ありません。ただし、応募データ作成に要する費用、プレゼンテーション準備のための費用、大会会場までの交通費(宿泊を要する場合はその費用)等は参加者の負担となります。

Q2大会当日の昼食はどうするのですか。
A

会場に簡単なランチを用意します。参加者同士の交流の機会をお楽しみください。
(注)アレルギーや食事制限等のある方は、ご自身でご用意ください。

Q32次予選の結果はどのように発表されるのですか。
A

2次予選後の昼休みに審査集計を行い、本選会場において本選出場者を発表します。

Q42次予選の会場と本選会場は同じですか。
A

別になります。2次予選会場は神田外語学院(東京都千代田区内神田)、本選会場はよみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町)です。2次予選終了後、本選会場に徒歩で移動します。

Q5大会を観覧することは可能ですか。
A

2次予選(11/30(土)午前 於:神田外語学院)は会場キャパシティの都合上、観覧いただけません。

決勝10組による本選(11/30(土)午後)は、よみうり大手町ホールの同フロアにある小ホールでの「映像モニターによる観戦」が可能です。映像による配信になりますのでご了承ください。


お申込み方法が決まり次第、HPで発表します。

PAGE TOP

コンテスト情報が満載!
今すぐアプリをダウンロード!

①「BLIPPAR」アプリをダウンロード ②このチラシにかざす ③プレゼンのヒントがたくさん!