Column

コラム

2018 Jun 11

ASAPは万能ではない?

Hisako Renfro

036 ASAPは万能ではない?

Please send me the file ASAP.
Return my call ASAP.
など、特にビジネスで良く使われている略語にASAPがあります。
これはAs soon as possibleの略。つまり上の文章は、

Please send me the file as soon as possible.
できるだけ早くファイルを送ってください

Return my call as soon as possible.
出来るだけ早く折り返しの電話をください

という意味になりますね。略語はとても便利だしかっこいいので私たちも多用してしまいますが、実はこのASAP、2つばかり注意したい点があるのです。
注意点その1:ちょっと上から目線だぞ

文法的にどうとかいうことではなく、ニュアンスとして上からですね。敢えて先ほどの文章をオーバーに訳し直すとすれば、

Please send me the file ASAP.
至急ファイルを送るように

Return my call ASAP.
すぐに電話しろ

という感じに聞こえてしまうかもしれません。上司や目上の方、クライアントにはあまり使わない方が良いですね。略語の時点で軍隊っぽい(私の感想ですが)。
注意点その2:「できるだけ早く」ってことは「できるだけ」ってことよね?

ASAPは一見「至急」という意味に取ることもできそうですが、
「時間かかっちゃった。だって忙しかったんだもん。でも、できるだけ急いだのよ~」ってこともあり得るわけです。
上司からのASAPであればプライオリティが高いので、お化粧を直したり、彼にLINEを返信したり、アイスコーヒーを買いに行くよりも先に対応すると思いますが、そうでなければ
できなかった」で終わってしまうかもしれません。

このほかにも、カジュアルな間柄であれば以下のような略語も使われます。

LOL=Laughing Out Loud
大笑い

OMG=Oh My God
オーマイガーッ

THX=Tanks
ありがと

CUL=See You Later
またね

IOW=In Other Words
言い換えれば、つまり

くれぐれも相手を選んで使ってみてくださいね♪

コラム一覧へ戻る

まずは、無料説明会にお越しください!

無料説明会の流れ(約90分)

  • プログラム説明

    プログラム説明

  • 無料説明会の流れ
  • レベルチェックテスト

    レベルチェック
    テスト

  • 無料説明会の流れ
  • 動画学習・自主学習教材体験

    動画学習・
    自主学習教材体験

  • 無料説明会の流れ
  • 質疑応答

    質疑応答

なまやさしいことを言うつもりはありません。
私たちが責任を持って、情熱を込めてお教えします。
本気で、「強く・骨太の英語力」を身につけたい人、本気で取り組める人を募集します。

無料説明会に申し込む