• 第1回 高校生東南アジア小論文コンテスト

    インドネシア部門

    MORE

  • 第1回 高校生東南アジア小論文コンテスト

    ベトナム部門

    MORE

  • 第1回 高校生東南アジア小論文コンテスト

    タイ部門

    MORE

前へ

次へ

応募締切日 〜9/6(火)消印有効 Webからの応募は23:59まで

応募締切日 〜9/6(火)消印有効 Webからの応募は23:59まで

最優秀賞など3人を
タイにご招待!

最優秀賞、優秀賞に選ばれた高校生3人を、
2018年3月下旬のタイ見学旅行にご招待します。
日本企業の活動などを見学するほか、
現地の人々と交流する予定です。

東南アジアに目を向けてください。
豊穣ほうじょうな大地に育まれた多様な文化と言葉、そしてエネルギッシュな人々。
産業の活性化はさらなる社会の発展を約束しています。
日本の未来は、この東南アジアの人々と文化を理解することなしにはあり得ません。

コンテストの課題は、共同通信社の記者が東南アジアで取材し執筆した記事と写真です。
インドネシア、ベトナム、タイの3部門があります。
関心のある記事を読み、そして写真を見て、あなたの考えを小論文にまとめてください。

最優秀賞など計3人をタイの現地見学にご招待します。
ここから東南アジアへの道のりが始まります。

応募部門Categories

「インドネシア部門」「ベトナム部門」「タイ部門」の3部門ごとの
写真と記事、そして課題を読んで1,000〜1,200字の小論文にまとめてください。
複数の部門への応募も可能です。

  • インドネシア部門

    MORE

  • ベトナム部門

    MORE

  • タイ部門

    MORE

エントリーEntry

個人応募の場合は、応募フォーム、もしくは郵送での応募、団体応募の場合は、郵送のみの応募になります。
※応募方法の詳細については、「応募要項」の「応募方法」を参照してください

  • ※応募用紙や参考資料は以下よりダウンロードしてください。

個人応募

個人応募フォーム

フォームの必要事項を記入し、
作品の原稿用紙(Word)※1を添付しお送りください。

※1 Wordの原稿用紙は以下よりダウンロードできます。

団体応募

(学校単位で応募する場合)

※原稿用紙について、Wordの原稿用紙を使ってPCで記入をする場合は、
以下「原稿用紙(Word)」よりダウンロードできます。

参考資料 > ASEANの熱い風 [PDF]

推薦図書

  • ・村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子(編著)『現代インドネシアを知るための60章』2013年、明石書店

  • ・今井昭夫・岩井美佐紀(編著)『現代ベトナムを知るための60章』(第2版)2012年、明石書店

  • ・綾部真雄(編著)『タイを知るための72章』(第2版)2014年、明石書店

各賞Prizes

  • 最優秀賞1

    [賞品]
    賞状、タイ見学旅行 (各部門トップの計3点から1点を選出)

  • 優秀賞2

    [賞品]
    賞状、タイ見学旅行 (各部門トップのうち、最優秀賞以外)

  • 入選27

    [賞品]
    賞状、図書カード

  • 学校奨励賞

    [賞品]
    10名以上の団体応募があった学校に
    賞状と図書カードを贈呈します。

  • 参加賞

    [賞品]
    オリジナルグッズ

応募要項About Contest

応募資格

全国の高等学校に在学中の生徒
※締切日時点
※高等専門学校、中等教育学校、海外の学校等については、高等学校に相当する学年に在学する生徒

応募規定

・応募は日本語で書かれた未発表の作品に限ります。

・文字数は、1,000〜1,200字以内(指定の400字詰め横書き原稿用紙3枚)。

・記入はパソコン、手書きどちらも可能です。
原稿用紙の次のページに、参考にした本やホームページのタイトルなどを記入してください。

・応募票、応募者名一覧(団体応募用のみ)、原稿用紙については、このコンテストWebサイトの”エントリー”項目からダウンロードし、使用してください。

・1部門1点、複数部門(最大3部門)での応募も可能です。

・海外からの応募も受け付けます。

応募方法

個人応募と、団体応募(学校単位での応募)の2つの方法があります。

■個人応募の場合

個人応募フォームからパソコンを使って応募する方法と、郵送で応募する方法があります。

●個人応募フォームから応募する場合

”エントリー”>”個人応募”項目にある”個人応募フォーム”から、必要事項を記入の上、Wordファイルの原稿を添付し、投稿してください。
原稿用紙のWordファイルは、同項目内にある”原稿用紙[Word]”ボタンからダウンロード可能です。

●郵送で応募する場合

個人用応募票を作品に添付し、下記応募先に送付してください。
”エントリー”>”個人応募”項目にある”郵送応募用[PDF]”ボタンから、個人用応募票、原稿用紙の印刷が可能です。なお、パソコンを使用してWordの原稿用紙に記入する場合は、同項目内にある”原稿用紙[Word]”ボタンからダウンロード可能です。
※各原稿用紙の「氏名」欄を必ず記入してください。個人での応募の場合は、「No.」欄への記入の必要はありません。
※スマートフォンをご利用の方は、”郵送で応募する場合”を参照してください。

■団体応募(学校単位での応募)の場合

応募方法は、郵送のみになります。
団体用応募票1枚と応募者(生徒)のリストを作品の1番上に添付し、下記応募先に送付してください。
”エントリー”>”団体応募”項目にある”郵送応募用[PDF]”ボタンから、団体用応募票、応募者リスト、原稿用紙の印刷が可能です。なお、パソコンを使用してWordの原稿用紙に記入する場合は、同項目内にある”原稿用紙[Word]”ボタンからダウンロード可能です。
※団体応募の場合は、各原稿用紙の「No.」、「氏名」欄を必ず記入してください。また、「No.」欄には、応募者リストで採番したものと同じ番号を記入してください。

応募先

〒261-0014 千葉県千葉市美浜区1-4-1 神田外語大学
「高校生 東南アジア小論文コンテスト」係

応募締切

【郵送の場合】平成29年9月13日(水) 消印有効
【Webからの応募の場合】平成29年9月13日(水) 23:59まで

入賞発表

平成29年10月中旬にコンテスト公式サイトに発表します。
(入賞者にはコンテスト主催者から直接連絡します。)

表彰式

平成29年10月28日(土)に、神田外語大学にて最優秀・優秀・入選の入賞者の表彰式を行います。

注意事項
  • ※応募作品は返却いたしません。必要となる場合にはあらかじめコピーをお取りください。

  • ※応募作品の著作権は、主催者に帰属するものとします。

  • ※審査結果についてのお問い合わせはお受けできません。

  • ※必要事項が正しく記入されていない場合は、選考外になります。

  • ※受賞者への連絡が取れない場合、入選を取り消させていただく場合がございます。

  • ※タイへの渡航については保護者の同意が必要になります。

  • ※賞品は予告なく変更する場合があります。

エントリーEntry

個人応募の場合は、応募フォーム、もしくは郵送での応募、団体応募の場合は、郵送のみの応募になります。

個人応募

個人応募フォーム

フォームの必要事項を記入し、
作品の原稿用紙(Word)※1を添付しお送りください。

※1 Wordの原稿用紙は以下よりダウンロードできます。

団体応募

(学校単位で応募する場合)

※原稿用紙について、Wordの原稿用紙を使ってPCで記入をする場合は、
以下「原稿用紙(Word)」よりダウンロードできます。

参考資料 > ASEANの熱い風 [PDF]

推薦図書

  • ・村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子(編著)『現代インドネシアを知るための60章』2013年、明石書店

  • ・今井昭夫・岩井美佐紀(編著)『現代ベトナムを知るための60章』(第2版)2012年、明石書店

  • ・綾部真雄(編著)『タイを知るための72章』(第2版)2014年、明石書店

個人情報についてPrivacy Policy

コンテスト応募時に記入していただいた個人情報は審査結果の連絡などコンテストに関連した業務のほか、神田外語グループからのお知らせ等各種ご案内の発送で使用することがあります。
入賞者のお名前、所属、学年、作品は神田外語大学のホームページのほか、このコンテストに関連した印刷物等に掲載されることがあります。

学校法人佐野学園 個人情報保護について
http://www.kandagaigo.ac.jp/privacy/

お問い合わせ先Contact

神田外語大学
高校生 東南アジア 小論文コンテスト事務局

essaycontest@kandagaigo.ac.jp

主催
  • 神田外語大学

後援
  • 駐日インドネシア共和国大使館

    駐日インドネシア共和国大使館

  • 駐日ベトナム社会主義共和国大使館

    駐日ベトナム社会主義共和国大使館

  • 在東京タイ王国大使館

    在東京タイ王国大使館

  • 国際機関日本アセアンセンター

    国際機関日本アセアンセンター

協賛
  • 株式会社千葉銀行

    株式会社千葉銀行

  • イオン株式会社

    イオン株式会社

協力
  • 一般社団法人共同通信社

    一般社団法人共同通信社

  • 株式会社キッツ

    株式会社キッツ