本文のエリアです。

トップメッセージ

私どもの理想は大きなものに聞こえるかもしれません。しかし基本は“一人ひとりと向きあい信頼を得る”という小さなものなのです。

神田外語グループの建学の理念は「言葉は世界をつなぐ平和の礎」です。世界中の人々と言葉が通じれば、お互いを更に理解する事ができ、争いごとがなくなり、平和な世の中を創ることが出来るはずだという、初代理事長佐野公一の思いが込められています。

この理念を具現化していくために、私たちは、集中的かつ先端的な教育内容を推進する「神田外語学院」をスタートに、言葉と文化を深く理解した国際人を育成し、更に未来の語学教育に提言できる知の拠点として「神田外語大学」を設立し、日本のビジネスマンが国境を超えてグローバルに活躍できるトータルな支援が出来るように「神田外語キャリアカレッジ」を設置致しました。

更に理想的な教育環境を求めて、福島県羽鳥湖高原に擬似体験型国際研修センター「ブリティッシュヒルズ」を建設し、トータルイマージョンの教育を行っています。

近年の小学校高学年への英語活動導入に伴い、子供達のニーズに答え、児童英語教育を担う人材育成を目指した「神田外語キッズクラブ」、これら我々の教育を受講した全ての人々が社会で活躍出来るキャリア支援を行う目的で設立した「神田外語アソシエイツ」を含めた6機関が連携して、一人ひとりと生涯にわたって向き合える教育機関を目指しています。

学校法人佐野学園 理事長 佐野元泰

  • 神田外語大学

  • 神田外語学院

  • 神田外語キャリアカレッジ

  • 神田外語キッズクラブ

  • 神田外語アソシエイツ

  • ブリティッシュヒルズ

情報機器が発達し、世界中の人々との距離が近くなった今、本当の意味でのグローバル化、人と人とを繋ぐコミュニケーションが日本に必要になったのだと思います。そのために必要な教育環境、教育内容の充実は必須のものであり、これこそが私たちが注力すべき最も重要な課題と考えております。

私どもの理想は大きなものに聞こえるかもしれませんが、基本は「一人ひとりと向き合い信頼を得る」という小さなものです。個人と向き合うということは、社会の基礎を築くものです。こうしたスタートからお互いの信頼を深め、学問に対する興味を持ってもらい、世界に対する理解を深めたり、新しい考え方を知ったりすることで、生涯にわたる究極的な幸福感を得てもらうことを目的とします。

私どもが、理念を具現化するための日々の活動を行なう事により、日本のグローバル化の価値のある一助になることを期待しています。


サイドメニューのエリアです。


ページの先頭へ