【まとめ】新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について/University Response to Novel Coronavirus (COVID-19)

新年度日程に関する情報

感染症対策について

新型コロナウイルスの感染症例が世界中からから報告されており、その影響は日々拡大しています。クラスター(集団感染)発生およびオーバーシュート(感染者の爆発的増加)を防ぐため、在学生・教職員に限らず、本学に入構される方には、以下の対策を順守するようお願い致します。

●発熱、咳等、風邪症状がある場合は、入構をお控えください。
●「手洗い」「アルコールによる手指消毒」「咳エチケット(マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)」など、感染症対策エチケットを徹底してください。
●「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」の3条件を作らないよう注意してください。

なお、政府当局からの要請により、当面の間、上記条件を満たさないもの、食事を提供する会合やイベント、高齢者や基礎疾患のある方の参加が多く見込まれるものは、原則中止とします。

発熱などの風邪の症状があるとき

学校を休み、近隣の医療機関を受診し指示に従ってください。発熱などの風邪の症状が現れたら、毎日、体温を測定して記録してください。また、医療機関からの診断結果を含め、本人や保証人等から大学事務局に連絡し、就学上の判断を仰いでください。

以下のいずれかの場合は、帰国者・接触者相談センターに相談してください

●風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く場合
●強いだるさや息苦しさがある場合
※基礎疾患がある方は上記2点の状態が2日程度続く場合

帰国者・接触者相談センターから受けた指示を含め、本人や保証人等から大学事務局に連絡し、就学上の判断を仰いでください。

2月1日に新型コロナウイルスが感染症法に基づく「指定感染症」に指定されたため、感染が確認された場合は就学・就業制限や入院の勧告等に従う必要があります。学生は出席停止、教職員は出勤停止となります。状況は日々変化しますので、信頼できる情報源で確認するようにしてください。

〇厚生労働省が開設した電話相談窓口
電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)/受付時間 9:00から21:00(土日・祝日も実施)

今後の海外への渡航について

外務省感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航中止)以上の国・地域への渡航は止めてください(渡航先のレベル確認はこちらから)。また、3月18日現在、その他全世界がレベル1(十分注意してください)となりました。状況が急変し、出入国が困難になる可能性もあります。政府が指定する国・地域から帰国の場合は、公共交通機関の利用不可、14日間の指定場所待機等が課せられますので、不要不急の渡航を自粛し、安全行動を心掛けてください。
なお、教職員は当面の間、海外出張・国内出張(学会等含む)ともに禁止とします。やむを得ない事情の場合、各部門長へ事前相談をお願いします。また、当局より「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限」情報が発出されておりますので、関係者は必ずご確認ください。
海外留学中の方、またやむを得ない渡航の際には、緊急時に備え外務省海外旅行登録サービス「たびレジ」(滞在が3カ月以上の場合は在留届)に登録するようにしてください。

海外からの帰国者について

海外から帰国した方は、渡航先国・地域を問わず、全員以下の対応となります。

●帰国後14日間キャンパス内立ち入り禁止

また外務省感染症危険情報レベル2以上の国・地域から帰国(経由も含む)する場合、帰国後2週間外出を控え、厳重な健康観察等を行う必要があります。各自必ず確認してください。外務省海外安全ホームページ等で情報収集に万全を期すとともに、外務省の注意喚起に掲載の通り、当該国・地域に滞在中の方は日本への早期の帰国を至急検討してください。

《帰国時点で発熱(37.5℃以上)かつ呼吸器症状のある者》
速やかに空港または湾港の検疫所に報告し、その指示に従ってください。また、検疫所あるいは紹介された医療機関から受けた指示を含め、本人等から大学事務局に連絡し、就学上の判断を仰いでください。

《上記に該当しないが、指定の流行地域から帰国する者》
以下「入国時の検疫強化について」を参照してください。

《上記以外の帰国者》
帰国後14日間は自身の健康状態の経過を厳重に観察してください。キャンパスへの立ち入りは帰国後14日間禁止となります。新学期授業等に支障のないよう十分注意してください。

入国時の検疫強化について

厚生労働省からの指示により、指定の流行地域(※)から航空機等で日本に入国する全ての方について、健康状態に異常がない場合でも以下の対応がなされています。

●検疫所長の指定する場所(自宅、ホテル等)で14日間待機
●空港からの移動に電車、バス、タクシー、国内航空便など公共交通機関を使用しないこと

事実上、誰かに車で迎えに来てもらうか、自身で車を運転して帰るかの選択肢しかありませんので、帰国時の対応を慎重に検討してください。

※指定の流行地域(国・地域) 3/23現在
韓国、中国(含む香港、マカオ)、アイスランド、アイルランド、アンドラ、イタリア、英国、エストニア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、サンマリノ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モナコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、イラン、エジプト、アメリカ合衆国(但しアメリカ合衆国は日本時間3月26日午前0時以降)

関連ホームページ

《文部科学省》
《厚生労働省》
《千葉県》
《国立感染症研究所》
《外務省》