国際コミュニケーション専攻

国際社会を読みとるグローバル・リテラシーを養う。

今日のグローバル社会で活躍するために必要なコミュニケーション能力は、国際共通語としての英語=グローバル・イングリッシュが使える能力です。単に英語が話せればよいという時代ではありません。本専攻の英語の授業もグローバル時代の英語を意識した内容となっているため、TOEIC®は必須です。

  • 多文化とITメディア力を

    あなたが社会に出て英語でコミュニケーションをとる相手は、さまざまな文化的背景を持った人々です。そこで必要なのは、相手の国の歴史や文化を理解し、同時に日本の文化をきちんと伝える多文化コミュニケーションの能力です。そのため、国際研究や日本研究も重視します。また、タブレット端末やSNSなどの新しいITメディアを使ってどうコミュニケーションをとり、よりよい社会を築くのか。本専攻では、これに対応できる人財を育てるため、メディア・IT関連科目も必須です。

  • 広い世界に羽ばたこう

    国際コミュニケーション専攻が重視するのは、英語をひとつのツールとして使用し、多文化の環境の中でどのようにコミュニケーションをとるかということ。つまり、グローバル・イングリッシュを学びながら、現代のITメディアにも精通し、よりよい国際社会にしていくための多文化コミュニケーションのあり方を学ぶ。英語圏だけでなく、広く世界に興味のある人に最適な専攻だといえます。


  • 国際コミュニケーション専攻はスキルとしての英語やコンピュータを、国際ビジネスキャリア専攻はビジネスに特化した英語やインターンシップなどを通じてビジネスを中心に学びます。

  • 国際コミュニケーション専攻は選択外国語科目(第二外国語)が必修となっています。

  • 英米語学科に比べて英語の必修時間が少ないですが、TOEIC® 650点以上の取得が卒業要件のひとつであり、英語運用能力では英米語学科との差はありません。英語科目の必修が少ない分、国際関係やコミュニケーション学、ITなどを幅広く学び、コミュニケーション力を活かして外務省在外公館派遣員などで活躍しています。

  • EIC(English for International Communication)です。英語でコミュニケーションをするために必要な異文化についても同時に学ぶので、異文化を理解しながら、英語も上達します。