国際ビジネスキャリア専攻

国際シーンでの貢献をめざし、英・日両語でのビジネス探求を最善の学習環境で。

「広き世界は我が舞台」。本学の校歌にあるこのビジョンを実現するための学びの場が本専攻です。求められる教養と技能は、厳しいが興味も尽きず、達成感も格別。グローバル社会へのゲートウェイとして最善環境を誇る本学で、ビジネスの理論と実践を探求します。

ニュース

  • キャリア形成と正面から向き合う英語

    「 国際ビジネスシーンで活躍する人財」をめざし、1〜2年次に外国人教員の指導のもと英語運用能力の基礎を徹底。3年次からビジネス専門英語へと移行します。2〜3年次に国内・海外で2度のインターンシップ実習を通し本物のビジネスの現場を経験、探求心に弾みをつけます。4年間で"英語とビジネスを学ぶ"から"英語でビジネスを学ぶ"そして"英語で働く"へと、ステップアップを果たします。本専攻が重視する、日・英両語でのビジネス探求科目群。"働くとは?"の問いと何度も向き合いながら、日本と世界をつなぐ人財として、キャリア形成の出発点に立つことができます。

  • 実践力の徹底とキャリア洞察力を

    本専攻は社会人からの学びの機会も多く、専門科目群では英語・日本語問わずディスカッション、プレゼンテーションを通した発信力を磨きます。ビジネス界の共通言語としての簿記会計を学び、数字も味方に。目先にとらわれぬ、持続可能なキャリア形成のための基盤づくりこそ本専攻で学ぶ生涯価値なのです。


  • 国際コミュニケーション専攻はスキルとしての英語やコンピュータを、国際ビジネスキャリア専攻はビジネスに特化した英語やインターンシップなどを通じてビジネスを中心に学びます。

  • 全学生が履修できる科目「ビジネス・インターンシップ」では、近県での夏期実習をはさんだ年間講義を通してビジネスの基礎を学びます。一方、国際ビジネスキャリア専攻では国内・海外(原則、春か夏)の計2シーズンを実習2科目に充当します。

  • 留学は可能です。ただし、国際ビジネスキャリア専攻は、国内と海外のインターンシップが必修となっているため、インターンシップが可能な大学に、3年次前期に留学する必要があります。なお、教職課程は履修できません。

  • キャリア教育センターが本人の要望を聞き、適性を考慮した個別指導を行います。海外インターンシップは専門エージェントのもと渡航費用及び実費の相談を含み、受け入れ企業の選考もあります。いずれの場合も、実習先は原則アレンジされますが、行き先を自力で切り拓く例もあります。