英米語学科

英語運用能力とともに、英語を使っての問題解決能力を身につける。

英語は、今やビジネスシーンのみならず日常生活においても、国際共通語としての重要な地位を確立しているといえます。異文化コミュニケーションでは、英語が話せるということだけでなく、英語を使って何を、どのように受信・発信していくかが大切になってきます。

  • 語学だけでなく、社会で役立つ能力

    自ら学習計画を立て、それを遂行し、必要に応じて計画を修正していくことのできる「自立した学習者」の養成をめざしています。参加型の授業によって、受け身ではなく自分で考えて問題を発見し、解決する力を養うことは、社会に出てからの仕事の進め方や生きる力にもつながります。また、"協働学習"で、協調性や教養を身につけるなど、語学を学ぶだけでなく、さまざまな能力の習得をめざしています。

  • グローバルマインドの育成

    世界で活躍するためには、英語を駆使してさまざまな問題の解決に取り組むことのできる能力が求められます。これに対応するため、学年が上がるにつれ、その内容がより高度になるようにカリキュラムを組み、英語をツールとして世界情勢を読み解き、地域文化、言語文化への理解を深めます。グループワークやディスカッションなど、さまざまな要素を取り入れた英語科目の多さも特徴です。英語で学ぶことで世界への視野を広げ、高い英語運用能力と幅広い教養を習得する。これこそが本学科で学ぶ大きな意義です。


  • 国際コミュニケーション学科より定員、英語の必修時間ともに若干多いです。通訳・翻訳課程があるのは英米語学科のみなので、通訳や翻訳をじっくり勉強したいなら英米語学科に入学するのがよいでしょう。

  • 初級編のⅠは必修です。その先に中級編のⅡ、上級編のⅢという科目が用意されているので、学習を続ければ、日常会話レベルまで習得することができます。

  • 交換留学など、本学の留学制度を利用する場合には学内選考があります。留学先により応募資格や条件、留学期間などが異なりますので、希望者は必ず留学説明会に参加し、事前に十分な準備をしておく必要があります。

  • 学科による大きな違いはありません。英米語学科も国際コミュニケーション学科も英語運用能力のある学生が多く、就職先について大きな違いはありません。

  • 通訳・翻訳課程では留学が、教職課程では介護体験や教育実習が必修となっているため、それらの時期が重ならないように工夫すれば、同時に履修することも可能です。ただし、2年次後期までに留学を終えるなど計画的に履修する必要があります。