本文のエリアです。

インフォメーション


このページを印刷する

リンダ・オオハマ監督来日!東北の新月学内上映会を実施しました

2018.01.15
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月19日(月)に「東北の新月」学内上映会を実施しました。
 
「東北の新月」は、2011年に起きた東日本大震災による被害を受けた宮城、岩手、福島の各県沿岸の市町村で、日系カナダ人の映画作家・リンダ・オオハマ氏が2年半以上にわたる取材を経て2016年に制作した、ドキュメンタリー映画です。
 
当日は映画の部分鑑賞や、リンダ・オオハマ監督と映画に出演している佐々木星瑛来さん(本学職員/2014年英米語学科卒業)、英米語学科准教授の矢頭典枝先生、そして学生の復興支援団体MAKE SMILEも交え、今回の映画制作についてお話を伺いました。学内外より50名以上の方々にお越しいただき、東日本大震災について改めて考えさせられる上映会となりました。
 
上映会の後半では、本学復興支援サークルのMAKE SMILEからの活動報告あり、震災当時から継続している宮城県亘理町での東日本大震災復興教育ボランティアについて、「神田外語大学の学生だからできること」を考える貴重な機会となりました。

関連リンク



ページの先頭へ