本文のエリアです。

インフォメーション


このページを印刷する

「第9回BFA U-15アジア野球選手権」に2名の在学生が通訳ボランティアとして参加しました

2017.11.07
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月29日(日)~11月7日(火)の10日間、アジア野球連盟(BFA)主催による「第9回BFA U-15アジア野球選手権」が静岡県伊豆市の志太スタジアムにて行われ、2名の在学生が通訳ボランティアとして参加しました。

 
2名の在学生は英語、中国語(北京語)、韓国語を使用し、参加チーム付通訳及び大会本部通訳として活躍しました。空港接遇に始まり、選手団の練習・入浴・食事時間の管理、バスや練習場の手配、ミーティング・パーティーのサポート、観光やショッピングの付き添い等、担当業務は幅広く及びました。

学生達は今回のボランティア活動を通じ、「スポーツ通訳」としての役割を果たすにはただ単に言葉を置き換えるだけでは不十分であると感じ、選手達が試合に集中できる環境を作ることやチームの円滑なコミュニケーションを促す役割も担っていることなど、その役割をいかに理解した上で活動することが重要であると再認識したようです。

関連リンク



ページの先頭へ