本文のエリアです。

インフォメーション


このページを印刷する

神田外語大学と神田女学園高等学校が「高大連携協定」を締結しました

2017.03.14
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲高橋順子校長(神田女学園中学校高等学校/左)と、酒井邦弥学長(神田外語大学/右)

 

2017年3月14日(火)、神田女学園中学校高等学校(東京都千代田区)にて、神田外語大学と神田女学園高等学校の「高大連携協定」の調印式を挙行しました。この度の締結により、来秋より同校に新しく自立型学習施設が誕生し、国際社会で活躍できる人材の育成をより一層充実させるため、神田外語大学が開学以来培ってきた語学教育、異文化理解教育に関するノウハウを、神田女学園高等学校に提供していきます。

 
神田女学園高等学校は、英語教育特区に指定されている千代田区にあり、異文化に対する理解を深め国際貢献する能力を育成するため、さらなる外国語教育の充実化を計画しています。
「実践力を育む英語授業」を目指しており、外国人教員によるオールイングリッシュの授業の中では、英語でのプレゼンテーション、スピーキングテストなどが行われ、使える英語を身に付けた生徒の育成を行っています。
 
神田外語大学は、開学当初より、他の語学教育機関にはない特色ある語学教育を実践し、コミュニケーション力を備え、世界平和に貢献し得る自立学習者の育成を目指しています。この様な人材を育成するため、学内にある自立型学習施設の※SALC(Self-Access Learning Center)では、音声教材や試験用教材などを充実させ、英語の「読む、聞く、書く、話す」力を効果的に鍛える施設が整っています。また、ラーニングアドバイザーが学生一人ひとりに最適な学習法のアドバイスを行う制度を導入し、学生が自主的に学習に打ち込めるサポートを行っています。
神田女学園高等学校は、神田外語大学の語学教育における長年の研究と教育の実績を勘案し、両校の目指す人物像や教育の目的が一致したことで、今回の「高大連携協定」を締結するに至りました。
 
取り組みの第一段階として、同校は校内に英語学習施設を新設し、生徒たちが英語に気軽かつ日常的に触れられる環境を整えます。
また、神田外語大学からの2名の教員が英会話の授業を担当するほか、新設される施設に常駐し、英語資格試験の対策相談や日常英会話講座を行います。
 
●神田女学園中学校高等学校 高橋順子校長
神田外語大学と本校の両校の間で、高大接続の協定が結べたことを大変嬉しく思っています。近年、本校はさまざまな学校、教育改革を行っており、その中で神田外語大学のSALCの存在を知りました。 SALCでは、語学学習者がラーニングアドバイザーの指導の下、客観的に自分の語学学習に対する姿勢や考え方を見つめ直すという考えがあり、本校の教育方針と重なる部分がありました。今後は、神田外語大学をはじめ神田外語グループ全体といろいろな角度から交流ができればと思っています。これからも、グローバルな視野を持ち、グローバルに活躍できる女性を育成に力を入れていきたいと思っています。
 
●神田外語大学 酒井邦弥学長
本日の高大連携協定を経て、本学は神田女学園高等学校の理念にしっかりと沿った教育を提供していければと思っています。両校がある神田は、学問の街であり、協定締結は何かの縁かもしれません。高大接続、高大連携は大学にとっても重要な課題です。神田女学園高等学校の目指す、グローバル女子を育てるということは、これからの時代において非常に重要なことであると思います。まずはSALCを建設し、多くの生徒が自然と英語学習に親しめる場を提供させていただくと共に、全学をあげてご支援をさせていただこうと考えています。
 
●学校法人佐野学園 佐野元泰理事長
最初に連携のお話しをいただいた時より、神田女学園高等学校の英語教育をもっと伸ばしていきたいという、先生方の強い想いを受け、神田外語グループとしてどの様に力になれるか考えてきました。これから、神田女学園高等学校が目指す、グローバル女子が必要な時代が必ず来ると考えています。より多くの生徒の方々に中学校、高校から英語を本格的に学び、世界に目を向け、日本国内だけでは得られない価値観を得て欲しいと思っています。私どもとしては、一人でも多くの生徒が世界に目を向けていってくれるように全力で支援していきたいと思います。
 

▲調印の様子

▲高橋順子校長 挨拶

酒井邦弥学長 挨拶

佐野元泰理事長 挨拶

◆締結式概要

日 時:2017年3月14日(火) 15:00~15:30

場 所:神田女学園中学校高等学校 会議室(東京都千代田区猿楽町2-3-6)
内 容:出席者紹介
    神田女学園中学校高等学校 河口典子教諭より締結に関する経緯説明
    神田女学園中学校高等学校 高橋順子校長より挨拶
    神田外語大学 酒井邦弥学長より挨拶
    学校法人佐野学園 佐野元泰理事長より挨拶
    協定書署名
    写真撮影
 

◆協定・協定内容

 ・神田外語大学の教員が、神田女学園中学校高等学校への英語科目の授業実施及びそれらに関連する業務を同校の教育方針に沿って神田外語大学が開発したカリキュラムのもと実施

・神田外語大学の教員による神田女学園中学校高等学校の生徒に対する英語の自立学習環境の構築及び指導
・その他本協定の目的を達成するために必要と認める事項に関すること
 

◆調印式出席者

神田女学園中学校高等学校 校長 高橋順子

神田女学園中学校高等学校 副校長 前田朝輝
学校法人神田女学園 事務長 新井幸彦
 
神田女学園中学校高等学校 教頭 上野良雄
神田女学園中学校高等学校 入試広報部長 田中聖秀
神田女学園中学校高等学校 入試広報部 河口典子
 
神田外語大学 学長 酒井邦弥
学校法人佐野学園 理事長 佐野元泰
学校法人佐野学園 理事長室長 岡戸巧
神田外語大学 教育ソリューション室長 飯田泰司
学校法人佐野学園 広報部次長 渡邉公代
学校法人佐野学園 広報部 関根勇人
 

▲両校関係者 集合写真

▲協定調印式の様子



ページの先頭へ