本文のエリアです。

インフォメーション


このページを印刷する

第81回外務省在外公館派遣員試験合格者と学長の対談が行われました

2015.02.02
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月19日(月)に酒井邦弥学長と第81回外務省在外公館派遣員試験に合格した中国語学科(現 中国語専攻)3年生の渡邊舜さんの対談が行われました。久保谷富美男先生(グローバル・コミュニケーション研究所)も同席し、今後の抱負や外務省在外公館派遣員試験の現況などが話されました。
渡邊さんは2015年3月より、在大連領事事務所で3年の任期で派遣員として業務に携わります。

対談の冒頭では、酒井学長より記念品も贈られ、渡邊さんも大切に使わせてもらいたいと話していました。渡邊さんは外務省在外公館派遣員試験について、二次試験の面接が大変でしたが、大学で学んだ語学を活かせましたと話し、また派遣される3月までに中国との歴史をしっかり学んでいきたいと自身の思いを話していました。

その後、酒井学長より「大連で様々な経験をし、色々なものに興味を持って頑張ってほしい」とメッセージが送られました。

外務省在外公館派遣員とは?

外務省在外公館派遣員制度とは昭和48年6月以来、外務省の委託を受けて一般社団法人国際交流サービス協会が実施運営している制度で、世界各国の在外公館(大使館、総領事館等)に民間人材を派遣し、公用の出張者が当該国に来訪する際の空港やホテルにおける便宜供与、その他会計、庶務、文書作成(翻訳)や対外的な折衝への立ち合いなど、語学力を活かして主に後方支援業務に従事する制度です。

 

神田外語大学合格実績

現在、第81期の渡邊舜さん/在大連領事事務所

第80期の濱田 拓美さん/在ケープタウン領事事務所、マンスフィールド 雪 さん/在ラトビア日本国大使館、平塚 竜一さん/在モザンビーク日本国大使館、岡 輝美さん/在フィンランド日本国大使館始め、神田外語大学の在学生・卒業生32名、(2015.2.2現在)が世界の様々な国で活躍しています。
 
この試験の対策勉強会はグローバル・コミュニケーション研究所が主催しています。これから入学される新入生並びに在学生・卒業生の皆さんも希望される方は、いつからでも勉強会に参加可能ですので下記まで気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

神田外語大学 グローバル・コミュニケーション研究所

久保谷 富美男(元在オランダ日本国大使館派遣員)

TEL:043-273-2324

E-mail:kubotani@kanda.kuis.ac.jp



ページの先頭へ