本文のエリアです。

インフォメーション


このページを印刷する

本学の航空業界へのキャリア支援の取り組み

2014.02.17
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神田外語大学では早期からのキャリア教育を重視し、低学年次からの「キャリアデザイン」「キャリア開発」、そして3年次からの「ビジネスインターンシップ」講座等を開講し、グループディスカッション主体の授業を展開しています。また授業外でも「SPI講座」や、国内外で活躍する200社程の企業が集まる「合同企業説明会」等を主催しています。

航空業界対策講座

日本航空様職場見学会にて

なかでも「航空業界対策講座」は、航空会社出身の担当者から航空業界の特徴や現状を学び、『企業に求められる人物』を目指す対策講座で、2011~2013年度、航空・空港関連企業に延べ154名(内客室乗務職57名)の内定者を出すなど、安定した実績を誇っております。

 
この講座の特徴は、客室乗務職に就くためのノウハウを学ぶのではなく、『企業とは何か』『航空業界全般の仕事・役割は何か』そして『航空業界に限らず、社会が求める人物像』を学ぶことにより、人として魅力あふれるパーソナリティを引き出す点です。

その上で面接対策や企業見学会、内定者報告会などを通じ、就職活動における疑問点の解消など、企業理解を深められるようにしています。

成田オペレーションセンター見学

グローバルな企業の具体的な実務を学ぶ機会として、今年度はJALグループの皆様の職場見学会を開催。成田空港にてチェックインカウンターやラウンジ、航空機を飛ばすために多くの人が働いているオペレーションセンター、旅客出発デスク等バックオフィスの見学、そして客室乗員部において現役の客室乗務員の方々に直接お話しを伺う機会を設けて頂きました。

会社説明会

年末にかけては、航空・空港関連の様々な企業の皆様に、本学にて企業説明会を開催して頂いております。

12月に開催された日本航空の皆様による企業説明会では、航空ビジネスの特徴や世界の旅客数の推移など業界全体の概要から始まり、日本航空様が大切にしている理念や今後の重点項目など、『世界で一番お客さまに選ばれ、愛される会社』になるための多様な取り組みをご紹介頂きました。

質疑応答では、客室乗務員の業務内容や、過去と現在の仕事に対する取り組み方の変化についてなど、実際に乗務されているからこそ感じる側面を色々お話頂きました。本学では今後も様々な側面から、航空業界へのキャリア支援の取り組みを実施致します。

主な内定先・就職先(2011~2013年度、50音順)

アシアナ航空、ANAエアサービス東京、ANAエアポートサービス、エアアジア・ジャパン、エジプト航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空、空港ターミナルサービス、ジャルエクスプレス、JALスカイ、JALナビア、ジェイエア、シンガポール航空、スカイマーク、スターフライヤー、全日本空輸(ANA)、成田空港ビジネス、成田国際空港振興協会、日本航空(JAL)、羽田エアポートエンタープライズ、韓進インターナショナルジャパン、ワールドエンタプライズ、ほか

 
※名称は内定時・就職時の呼称です。



ページの先頭へ