第49号(2017年8月1日発行)

神田外語大学報「第49号」

8号館「KUIS 8」遂に完成!

2017年4月、8号館「KUIS 8」がオープンした。6号館「SACLA」内のSALC(Self-Access Learning Center)とELI (English Language Institute)が「KUIS 8」へ移転。6号館のSALCと比べ、学習施設としての広さは2倍となり、席数も454席増加した。館内の1階は「Multi Language Area」として、日本語を含め、本学で学べる専攻言語の利用を可能にし、多くの学生がそれぞれの目的に応じて集えるエリアとなっている。2階は「English Only」のルールを適用し、ELI教員からアドバイスを受けたり、個人またはグループで自由に使えるエリアを設けている。
  • KUIS8
  • KUIS8
  • KUIS8
  • KUIS8
これまでの自立学習は、個人で学習するイメージが強かったが、KUIS 8は、自ら課題を発見し、他者との協働学習を通して、主体的に解決していく「自立学習者」に成長するために、授業時間以外での学びもサポートする「理想的な教育環境」を整えた。人種・国籍を越えた人との出会い、探求心の高めあい、向上心を刺激しあうことのできる「喧騒の場」、グローバル社会を生き抜くうえで必要となるスキル、「他人を受け入れる力」「自分の意見を発信する力」を身につける空間だ。 主に授業で利用する教室「Blended Learning Spaces」は、教室の3面の壁にそれぞれホワイトボードとプロジェクターが設置されており、同じコンテンツや異なるコンテンツを同時に投影できる。iPadやMacからの無線投影が可能となっており、学生全員必携のiPadを最大限に活用できるように工夫がされている。 オープン後の4月4日(火)にはマスコミ向けにKUIS 8の説明会と施設見学を実施。翌5日 (水)はKUIS 8の竣工式を執り行った。
  • KUIS8

    学ぶ力が社会を動かし、よみがえった「ハイライン」

    KUIS 8にはニューヨークの「ハイライン」が再現されている。「役目を終えた高架鉄道を、公園へと変貌させ空中散歩を楽しむ」ために尽力した2人の青年は、難題・課題を一つひとつ地道に解決し、決してあきらめない姿勢が多くの人の共感を呼び、「ハイライン」を実現させた。目標を掲げ、課題を見つけ、調べて、省察し、自ら答えを導き出す姿勢が、本学がめざす「自立学習」そのものであり、その象徴として館内に再現した。

その他の記事