2018.09.21

【ディスコ】卒業生インタビュー

自分が訳した資料で商談が決まるかも。翻訳は人に影響を与える仕事です。

役員秘書を経て、現在は社内の翻訳チームに所属しています。会社の技術を説明する資料、お客様に提出するレポート、社内向けのお知らせ、社長が発表したレポートなど、さまざまな書類を英語に訳しています。翻訳は事業に影響のある仕事だからこそ、やりがいと難しさを感じています。自分が翻訳した資料を通して商談が決まるかもしれません。一方で、英単語の選択一つで会社の信用に関わるような誤解が生じることも考えられます。最近は、適切な英語に訳すためには、日本語についての知識が今以上に必要なことを再認識しています。神田外語学院で身についたのはコミュニケーション力。外国人の先生をはじめ、いろいろな国の人と話す機会があり、異文化を肌で感じました。勤務先には外国人スタッフが多く、秘書時代には海外からのお客様をお迎えする機会もたくさんあったため、学生時代の経験がさまざまな場面で活かされています。

 

ディスコ 翻訳スタッフ

朴 遥眞さん
神田外語大学 外国語学部
(3年次編入学)
2009年3月卒業
英語専攻科
2007年3月卒業
東京都東京朝鮮中高級学校出身