2018.09.21

【東レインターナショナル】卒業生インタビュー

外国とのビジネスで大切なのは、相手の文化や生活習慣を理解することです。

私が在籍している課は大手のアパレル企業をお客様としており、インナーウエアなどを輸入して納めています。海外に製造元の工場があり、英語での連絡が欠かせません。メールでのやり取りがほとんどですが、急ぎの場合は電話で直接、会話することもあります。外国の担当者と仕事をしていて感じているのは、マイペースで大らかなことです。ビジネスへの取り組み方ひとつにしても、日本との違いを実感しています。外国の方と仕事のやり取りを行う上で大事なことは、相手の国の文化や生活習慣などを理解することです。神田外語学院にはたくさんの外国人の先生方がいます。私は入学前までは外国人を見かけると目をそらしてしまうこともありましたが、いろいろな地域出身の外国人の先生と接していくうちに、積極性も身につき、自分の世界が広がりました。今でも国ごとの文化の違いなどを受け入れ、興味深くとらえられるのも、学生時代の経験のおかげです。

 

東レインターナショナル 貿易部門スタッフ

松下 恵梨奈さん
英語専攻科
2012年3月卒業
東京都立東高校出身