2018.09.21

【ベトナム航空】卒業生インタビュー

短大で果たせなかった夢を英語を学ぶことで実現できました。

短大時代から客室乗務員になりたいと思っていましたが、就職活動では良い結果が出ませんでした。どうしても夢を叶えたく、短大卒業後に航空業界で一番必要とされる英語を本格的に学ぶことを決めて、神田外語学院の1年制専科に入学。実は短大でも英米文学を専攻していましたが、その時の授業の中心は文学書を訳したりすること。一方、神田外語学院で行われていたのは、たくさんのコミュニケーションを通して、実践的な英語を身につけることができる授業でした。航空業界で活躍してきた先生方も多く、自分がめざす仕事についていろいろと知ることができたのも大きな成果でしたし、外国の航空会社を受けたのも先生のアドバイスがきっかけでした。現在、ベトナム人のクルーたちと一緒に仕事をしています。使用しているのはもちろん英語。神田外語学院で学んだことがしっかりと活かされています。

 

ベトナム航空 客室乗務員

小澤 公子さん
国際エアライン専科
2004年3月卒業
共立女子短期大学出身