内定者インタビュー/メディアビーコン

2017.05.30

メディアビーコン 内定

入学前は大学で英語とは全く異なる分野を学んでいましたが、本気で英語の道に進路を変えることになり、インターネットでグローバルコミュニケーション科を見つけました。学校見学で卒業生の方々の功績や先生方の真剣さを感じ、2年間集中的に学べるベストな環境として入学を決意。「英語漬け」という、望んでいた環境の中で日々充実した学習ができています。

TOEIC985点・英検1級・通訳案内士(国家資格)を取得

在学中には、TOEIC985点・英検1級・通訳案内士資格も取得しました。通訳案内士の試験の2次試験の面接をとても不安に思っていた私に、グローバルコミュニケーション科の門田先生が「これ、持っていきなさい」と色鮮やかな赤いネクタイを託してくれました。受験前に既に涙が。面接当日はネクタイを身につけているという強い安心感がありました。結果は見事合格。これまで支えていただいた先生方に今、心から感謝しています。また、取得したこれらの資格は就職活動中に資格としてアピール材料になっただけではなく、どういう計画を立てて目標を達成したかなど、自分の強みなどを語る上で非常に役立ちました。

英語が好きという気持ちを形にできる会社へ

メディアビーコンに興味を持ったのは、英語教材やアプリの制作など、英語を使った仕事の中で自分の力で価値を生み出せる機会を与えて下さる企業だと感じたからです。求人サイトに「英語力を使ってビジネスをするのではありません。あなたの英語愛そのものを仕事にして下さい」という言葉が載っており、何よりも自分の英語が大好きという気持ちを仕事にできる、間違いなくやりがいがあると感じることができました。内定を獲得できたのは、将来のビジョンや、一緒に働きたいという気持ちをしっかりと伝えることができたからだと考えています。

私は幸運なことに、本当に好きなことを見つけることができました。働くということは楽しいことばかりではないのは重々承知していますが、たくさんの試練を乗り越えながらもやりがいを持つこと、自分の好きなことに携われるという幸運を忘れずに、企業に貢献できる社会人になりたいと考えています。

岡田 匡史さん/グローバルコミュニケーション科2年
東京都東京都市大学付属高校出身