内定者インタビュー/富士ソフト

2018.02.08

富士ソフト内定

国際ビジネスキャリア科2年
安川 美那さん
神奈川県立藤沢総合高校出身

 

ビジネスについて学んだことを社会で早く試したいから、就職の道を選択しました。

高校時代から起業に興味があり、大学の経営学部を志望していました。大学受験はうまくいかなかったものの、好きな英語とビジネスの両方を学べると知り、国際ビジネスキャリア科への入学をすぐに決めました。
 
学ぶことすべてが面白く、早く社会に出て試してみたくなり、卒業後は就職の道を選択。就職活動では、コミュニケーションが好きだったので営業職に魅力を感じ、自分の実力を試すために大規模な企業にもこだわりました。大学生に混ざって集団面接やグループディスカッションを行った採用試験では手ごたえを感じ、内定をいただけました。
 
日頃から高い意識を持った国際ビジネスキャリア科の仲間たちと切磋琢磨しながら学んでいたおかげです。