NEWS

【実習】神田外語キッズクラブで教育実習を行いました

2020.01.10

児童英語教育科では、児童の学年や発達段階に応じた指導法、教授法を学ぶとともに、幼稚園や小学校で教育実習も行います。今回は、児童英語教育科の1年生が神田外語キッズクラブにて小学校高学年の児童を対象に実習を行った様子をご紹介いたします。

実習では「What’s wrong?」のフレーズを用いて、体調を気遣う表現を指導することに取り組みました。ジェスチャーを用いてわかりやすく教えるとともに、自作した教材を用いたミニゲームも行いました。ゲームは、授業で習った内容をアレンジして、定着させたい単語、フレーズが自然と繰り返し発話できるよう工夫されたアクティビティです。子供たちはとても楽しそうに参加していました。

学生に実習を終えた感想を尋ねたところ、「授業で学んだことを実習で行うことで、学びが深まった」「クラスメイトとロールプレイをして繰り返し練習したことで、自信を持って実習に臨めたと思う」という声が寄せられました。

2020年には小学校5・6年生に英語が教科化されることで、ますます注目を集めている児童英語教育業界。児童英語教育科の卒業生たちは、民間の子ども英会話スクールや英語学童・保育園などで活躍しています。また、児童英語教育科から、提携大学である聖徳大学(千葉県松戸市)に3年次編入学することで、幼稚園教員免許(保育士免許も同時取得可能)、小学校教員免許を取得することも可能です。

初めての実習で「先生!」と呼ばれて緊張気味だった1年生たちも、2年生になると小学校・幼稚園などで数多くの実習を重ね、実践力を身につけていきます。子どもが好き!英語が好き!という皆さん、英語と英語指導力が身につけられる児童英語教育科で、あなたの好き!を仕事にしませんか。

関連リンク