日本語併修課程

「英語+α」+日本語を学ぶ

日本以外の国や地域での滞在期間が長く、日本語力に不安をお持ちの方をサポートします。

日本語併修課程

ご両親が外国籍、もしくはご両親のどちらかが外国籍の方などで、日本以外の国や地域での滞在期間が長く、日本語力に不安をお持ちの方に対し、通常の学科・コースのカリキュラムにプラスして日本語を学ぶことができる「日本語併修課程」を設置しています。

 

神田外語学院で「英語+α」を身につけながら日本語力を向上させ、国際社会で活躍してほしい、そんな願いがこもった併修課程です。

設置学科・コース

英語専攻科、アジア/ヨーロッパ言語科フランス語・スペイン語・中国語・韓国語 各コース、国際ビジネスキャリア科、児童英語教育科、国際エアライン科、国際観光科、国際ホテル科

※上記以外の学科・コース、1年制課程には設置していません。
※日本語を基礎から学べる課程ではありません。
※入試結果により、日本語による授業にさしつかえがあると判断された場合は、履修いただくことがあります。
※日本語併修課程を履修しても、通常の学科・コースと学費は変わりません。

対象

日本語能力試験N2級程度の日本語力を有する方

留学生の出願資格

日本語学校で6ヵ月以上学んでいる方、または、日本語能力試験N2級以上を取得している方で、日本在住※1または海外在住※2の保証人がいること。

※1 日本人または日本に定住資格を持つ外国人。
※2 原則的に両親または親族のいずれか。保証人になる方のパスポートや運転免許証など公的な身分証明書のコピー及び連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)を提出すること。またその場合、日本在住で日本語をよく理解できる方を別途、身元引受人※3として用意できること。

※3 身元引受人とは、緊急時(怪我や病気、事故・事件が発生した時など)に連絡が取れる20歳以上の友人・知人で日本在住の方。なお、身元引受人は、授業料等の金銭的負担を負うことはありません。

● 留学生の出願資格・条件は他にもあります。必ず募集要項でご確認下さい。

カリキュラム

各学科・コースのカリキュラムに、「日本語1」(1年次)と「日本語2」(2年次)の2科目を併修科目として履修します。

当課程履修者は、卒業時までに通常履修単位数に加え、併修単位数23単位を履修しなければなりません。

日本語Iは、「読む」「書く」「発表する」を中心とした授業を週3回受講し、日本語による授業をさしつかえなく受講できる日本語力を身につけ、日本語能力試験N1級をめざします。日本語2は、「書く」「発表する」を中心とした授業を週2回受講し、小論文、エントリーシート、日本語面接の対策を行います。