取得をめざせる資格・検定Qualifications

学科ごとに目標とする資格・検定を設置

授業内外でのサポート体制を整えています。

  • TOEFL®

    「英語を母語としない人」が英語圏の大学・大学院に留学する際の英語能力を測定するテストです。留学科では年間を通してTOEFL®を受験し、提携大学への編入学基準点をめざします。

  • 実用英語技能検定[英検]

    7つの級があり、神田外語学院では1級~準2級の受験申し込みが可能です。準1級以上は「資格取得奨学金制度」の対象です。

  • 全国通訳案内士(国家資格)

    仕事として外国人観光客に付き添い、旅行のご案内をするために必要な国家資格です。

  • 日商簿記検定

    企業の財務担当者として必要な知識や、経営管理・経営分析ができる力を持っているという証明になります。

  • ビジネス能力検定ジョブパス

    ビジネスマナーやビジネススキルなど、社会人として必要な能力を評価する検定試験です。

  • CBS(国際秘書)検定

    バイリンガルセクレタリー(2ヵ国語を使って業務を行う秘書)の実力を証明する資格です。

  • 秘書技能検定

    秘書になるための基礎知識はもちろん、社会常識やビジネスマナーなども出題されます。

  • コンピュータサービス技能評価試験 ※

    「ワープロ部門」「表計算部門」などに分かれ、それぞれの技能や知識が一定の水準に達しているかを評価します。

  • 観光英語検定

    旅行業務関連の知識および英語の能力をはかる検定試験です。旅行関連業の専門用語などが出題されます。

  • 総合・国内旅行業務取扱管理者(国家資格)

    ツアーの企画や契約関連事務、旅程管理などの仕事に携わるための資格です。旅行会社の営業所ごとに1名(従業員が10名以上の場合は2名)必要で、総合管理者は海外・国内旅行を、国内管理者は国内旅行を扱います。

  • 総合・国内旅程管理主任者資格

    パック旅行など企画旅行に付き添い、国内外へお客様をご案内するツアーコンダクターになるために必要な資格です。

  • 世界遺産検定

    人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することをめざした検定です。国際観光科では毎年100%の合格率を誇っています。

所定の資格・検定試験に合格した場合、選択科目(3学期)の単位として認定する制度を設けています。認定単位数は、合格した資格や級によって異なります。