沿革History of KIFL

外国語を話せる若者を育て、平和な社会を実現したい

創立者の佐野公一(初代理事長)は終戦時、外国語を話せる若者を育て、外国との争いがない平和な社会を実現したいという思いから、妻のきく枝(第2代理事長)とともに、神田外語学院の前身となる「セントラル英会話学校」を設立しました。

1957年 セントラル英会話学校を設立
1963年 セントラル米英語学院へ名称変更
1964年 神田外語学院へ名称変更
1969年 学校法人 佐野学園設立
1976年 専門学校法施行により、外国語専門課程の専門学校として認可を受ける
1987年 カリキュラム大改訂
1992年 神田外語大学英米語学科への1年次特別推薦入学制度導入
1994年 KIFLタスクベース学習法を導入

マルチメディア教育開始

国際研修センター「ブリティッシュヒルズ」オープン

1995年 1994年度卒業生(1995年3月卒業生)より専門士の称号授与

カリキュラム大改訂

全コースにKIFLタスクベース学習法を導入

2001年 神田外語大学英米語学科への3年次編入学制度導入
2002年 2002年度入学生より新カリキュラム導入

新学期制開始

2006年 2006年度入学生より新EIC導入

グローバルコミュニケーション科スタート

KIFL Listening Centerオープン

2007年 神田外語いしずゑ会発足

神田外語創立者生誕100年、神田外語大学創立20周年記念事業展開

2008年 神田外語大学への2年次編入学制度導入

留学科コミュニティカレッジコーススタート

2009年 学習施設「VISTA」(Village of Innovative Study and Training Access)完成

食文化や習慣を学ぶための調理実習室「The Culture & Food Kitchen」が完成

2010年 仮想世界を利用した実演型英会話授業「HELP」

(Hybrid English Learning Program)を日本で初めて開始

児童英語教育科に教員免許取得大学編入専攻を設置

東京・神田に神田外語本部ビル完成

2011年 仁荷工業専門大学(韓国)と連携教育プログラムを実施する「留学協約書」を締結
2012年 6号館がリニューアルオープン

国際ビジネスキャリア科、英語コミュニケーション専科スタート

2013年 アジア/ヨーロッパ言語科にインドネシア語、ベトナム語、タイ語各言語コーススタート

学習施設「VISTA」(Village of Innovative Study and Training Access)が「VISTA ACT」と「VISTA SILC」の2つにリニューアルオープン

2015年 8号館に京急観光神田外語学院旅行センターをオープン

「MOVE (Multilingual Opportunities and Valuable Experiences)多言語センター」が完成

2016年 英語専攻科に医療通訳専攻を設置
2018年 神田外語学院9号館完成

8号館にジャパン・ビジターズ・インフォメーション・センターをオープン