セミナー・オープンコース

【オンライン プログラム】英文ビジネスeメールの基本と
書き方のポイント


10月期のお申込みは締め切りました。
次回は、2021年1月に開講予定です。



日程 2020年10月28日(水)~11月25日(水)
毎週水曜日 18:00~19:30(1.5時間・全5回)
開催形態 オンライン
※Zoomでの実施となります。
※インターネット接続環境とパソコン、カメラ、マイク(内蔵可)のご準備をお願いいたします。
申込締切 10月21日(水)
定員 10名
※定員を超える場合は、先着順にて締切らせていただきます。
※1社で5名以上のお申し込みの場合は、日程等、別途ご要望に応じカスタマイズでの対応も可能です。お気軽にご相談ください。
受講料 お一人様 ¥44,000(教材費、5回分の添削指導、消費税を含みます)
※1社で2名以上お申し込みの場合は、10%割引をいたします。
研修のゴール
  • 英文eメールの基本構成と場面別頻出語彙・表現の正しい使い方を確認し、相手に伝わるメッセージを書くポイントを学びます。
  • 毎回のレッスン後の添削指導(5回分)により、日頃の疑問点や日本人に多いミスを確認し、実践現場ですぐに役立つスキルを習得します。
こんな方にお薦めします
  • 英文ビジネスeメールの書き方を基本から学びたい方
  • 普段の業務では決まった表現しか使えず、翻訳ツールに頼りながらメッセージを仕上げるため、内容の正確性や相手への伝わり方に自信が持てない方
ご受講の目安レベル TOEIC 400点~650点程度
テキスト 神田外語オリジナルテキスト 他
概要

英文eメールの基本がわからない、翻訳ツールに頼りがちという方を対象に書き方の基本とビジネスでの頻出場面別の定型表現の効果的な使い方を学びます。オンラインレッスンと担当講師による毎回の添削指導を通じ、短時間に相手に伝わるeメールを書けるようになることが目標です。

プログラム

第1回 英文eメールの基本 フォーマットとアプローチ

    内容
  • 英文ビジネスライティング基本の3C
  • 件名の書き方と基本フォーマット
  • 英文eメール頻出動詞
    (添削課題)
  • 自己紹介文を書く

第2回 メールを送る・受け取る

    内容
  • オープニングとクロージング(簡潔でビジネスライクなオープニングと注意したいクロージング表現)
  • 目的別オープニング・クロージング頻出表現(情報を伝える、添付を送る、情報を受け取る)
    (添削課題)
  • 情報を添付で送る

第3回 詳細を伝える・確認する

    内容
  • 電話や会議後、確認したい内容を伝える
  • 受信した情報について詳細を確認する
  • 情報を箇条書きに整理してわかりやすく伝える
    (添削課題)
  • 情報を確認する

第4回 指示・依頼する

    内容
  • 相手の業務範囲の内容について指示を与える
  • TPOに合わせた丁寧表現を用いて相手に依頼する
  • チャット、カジュアル、フォーマルなメッセージにおける丁寧さやトーンの違い
    (添削課題)
  • トーンの異なるメッセージを書く

第5回 否定的な内容を伝える/まとめ

    内容
  • 相手に返信や入金を催促したり、不平を伝える際など、トーンに注意を要するメッセージの書き方
  • 学習ポイントの振り返りと疑問点の確認
  • 今後の学習のポイント、オンライン翻訳ツールの上手な利用法
    (添削課題)
  • 返信を催促する

※毎回の内容は、進捗状況により変更する場合がございます。