第1回 英語研修の選択肢

神田外語キャリアカレッジ(KGCC)で研修コーディネータの仕事を始めてから早くも20年経ってしまった。上司や同僚は愛情(と些かの揶揄)を込めて「レジェンド」などと呼んでくれる。私自身はこの言葉に若干のこそばゆさを感じつつ、悪い気はしない。いつでも現場が好きで大切にしてきたし、幾つになっても現役でいたいからだ。この間、担当した企業・団体は500社を超え、コース数は恐らく2,000を超えているに違いない。もちろんすべてに充分な成果が出て顧客に満足していただいた研修ばかりではない。結果が出ず、お叱りを受けたことだってある。その中でも20年間変わらず継続していただいている企業も多くある。我々が選ばれ続けている理由はどこにあるのだろうか。

KGCCの扱う研修は英語が多いのでここでは英語に限るけれども、この20年間で学習の手段や素材は飛躍的に増えた。電子を含めた書籍は書店にもネットにも溢れ、無料の音声・動画素材・アプリは選び放題、オンラインでの会話コースや学習も(特にコロナ禍後は)まったく珍しくない。英語を身に着けたいと思う学習者にとっては今や完全に「外堀」は埋められてしまっていて、あとは「やるかやらないか」の選択を迫られている状態と言える。でも好きなものをこれだけ自由に選べる中で、学習者個人は何をやったらいいのか分からないケースは多い。モノが溢れすぎて今はかえって不幸な時代なのかもしれない。まして企業の総務部や人事部に所属し、業務に忙殺されながら社員の英語力向上にも腐心しなければならない担当者であればなおさら、何をどう選べばよいのか分からない場合も多いに違いない。宣伝をよく目にする講座、名の売れたアプリや教材を社員に紹介しておけば安心という気持ちも分かる。でもそれで良いのだろうか。きっとそうではないからこの20年続けていただいた顧客がいるし、今でも相談を受け続けているのだと思う。

英語学習の手段や素材が溢れる中、信頼できる研修・教育機関はもちろん選択肢のひとつだ。グループ全体に豊富な知見と優れた講師陣を有し、KGCCには企業の人材育成を企業と共に真剣にそして親身に考え、最良の解決策やプログラムを提案できる研修コーディネータがいる。「社員が英語で困っている」、「こんなスキルを身に着けてもらいたい」そのような時はぜひ当校に相談してほしい。

video-conference-5162927_640_(2).jpg

<セミナー動画>オンライン英語研修のメリットと当校グループレッスン「ミーティングスキル」のご紹介

オンライン研修のメリットやブレークアウトルームなどの機能の活用について紹介。当校ネイティブ講師による「ミーティング スキル」の動画をご覧いただきながら、レッスンの進め方を具体的に解説しております。オンラインでの英語研修をご検討の皆様にお薦めします。