神田外語Extensionの理念

語学教育機関として、神田外語Extensionは
理念を持って 取り組んでいきます。

We are not to make English test "OTAKU"

英語オタクを作らない

We are not to make English test OTAKU

英語の勉強が好きで、英検やTOEICなどでは好成績を修める、でもビジネスの場では英語での会話が発展しない、時事問題に興味がない、自分から話題を振れない、会話では常に受け身で検定試験の勉強をしている方が好き…、こういう人をわたしは英語オタクと呼んでいます。
日本の語学学習はどうしても検定対策になりがちです。何故でしょう?自己完結できるからです。コツコツ勉強して、自分一人で試験を受け、結果を見て満足する。そこには他者との関わりは必ずしも必要ではありません。しかし、それは国際社会で通用する語学力とは言えません。言語学習のゴールには、「話せるようになりたい」「その言語で仕事ができるようになりたい」など、コミュニケーション力を身につけるという目標が存在するはずです。検定対策中心の語学教育から、いつ日本は脱却できるのでしょうか?検定対策が悪いと言っているのではなく、それだけでは足りないということです。本プログラムでは、日本人講師とネイティブ講師の授業が毎週交互にありますから、情報のインプット⇒アウトプットが自然に行えます。日本人講師の文法、リスニング、精読、通訳の授業で知識を入れ、理解したら、翌週はネイティブ講師のスモールトーク、電話、会議、プレゼンテーションの授業で「英語で発信する力」を伸ばしていきます。

One-to-one:
not necessarily the answer

マンツーマンを盲信しない

One-to-one not necessarily the answer

「マンツーマン」という謳い文句が、どの広告を見ても英語学習のウリになっています。確かに、帰国子女や既にフルーエントな人がマンツーマンで英語力を維持するのは頷けます。
しかし、英語力において発展途上の学習者にとって、マンツーマンがベストな学習環境なのかというと、それは疑問です。他の学習者をみて学ぶことはたくさんありますし、そこから刺激を受け、負けまいとする気持ちが掻き立てられ、英語力の向上に繋がることが多いのです。わたしが教える神田外語学院グローバルコミュニケーション科の学生たちは、卒業要件であるTOEIC800点を超え、チームで英語プレゼンテーションを作り、英語でディベートし、英語で記事を書きます。
ひとりで検定の勉強をしている訳ではないのです。英語は言語であり、話すために存在しているのですから。一方、刺激し合える相手がいないマンツーマンの授業は、最もダレてしまいがちな授業形態になり得ます。適切に、効果的に切磋琢磨してもらうには、いい意味でのライバルがいた方が効果的なことが多いのです。

What is the definition of "Business English?"

ビジネスイングリッシュを定義する

What is the definition of Business English?

ビジネスイングリッシュとは、あちこちで見かけるし耳にするフレーズですが、それを教える側が明確に定義できているでしょうか?「仕事で使う英語」「丁寧な英語」など、それらしい言葉は耳にしますが、どれも曖昧で明瞭さに欠けています。学習の場を提供する側が定義できないものを、どうして学習者が習得できるでしょうか?神田外語Extensionでは、今までの経験と実績をもとに、独自の定義を定めました。ビジネスイングリッシュとは、日常英会話と比較したとき、次の3つの点において高度なレベルを要求される英語であると考えます。
①語彙②文法③アプローチ。国際ビジネスの場では、その人の使う語彙と文法のレベルで、インテリジェンスレベルを判断されてしまいます。多少発音に難があっても、笑顔の作り方がぎこちなくても、適切な語彙・フレーズを用いてさらっと間接話法が使え、仮定法や関係副詞などが会話に入っていると、「お、デキるな」と感じさせます。この点で強い日本人はまだまだ少数です。「ペラペラになること」よりも、目指すべきはこの「質の高さ」です。

次に、アプローチとは何でしょう?それは話を進めるときの順序です。ビジネスの場では常に時間がありません。したがって相手に「いったい何が言いたいんだ?」と思わせてはいけません。起承転結ではなく、常に主張、サポート、結論の順で話す癖をつけなければなりません。この3段ステップは、英文ライティング、スピーチ、プレゼンテーションにおいても同じです。この3段ステップを意識することで、英語的思考は鍛えられます。こう書くと、ずいぶんドライで硬い印象を与えてしまうかもしれません。でも国際社会で信用を得てバリバリ仕事している日本人は意外とこんな感じだと思います。日本を外から見ると、日本人の良さは陽気さでもユーモアのセンスでもありません。物事を着実に進める堅実さと、何事も改善しようとする「こだわり」ではないでしょうか?日本人としてのアイデンティティを大切にしながら、国際社会で渡り合える幹の太い英語力を身につけてください。このプログラムと本気で向き合い、信じ、継続すれば、結果は必ずついてきます。

レンフロ比佐子

written by

神田外語Extensionチーフディレクター
レンフロ比佐子

日本基督教短期大学、(米)Joe Blasco Make Up Center卒業。
ハリウッドで特殊メイクに携わる。帰国後、通訳・翻訳者を経て、
神田外語学院グローバルコミュニケーション科スーパーバイザー。

まずは、無料説明会にお越しください!

無料説明会の流れ(約90分)

  • プログラム説明

    プログラム説明

  • 無料説明会の流れ
  • レベルチェックテスト

    レベルチェック
    テスト

  • 無料説明会の流れ
  • 動画学習・自主学習教材体験

    動画学習・
    自主学習教材体験

  • 無料説明会の流れ
  • 質疑応答

    質疑応答

なまやさしいことを言うつもりはありません。
私たちが責任を持って、情熱を込めてお教えします。
本気で、「強く・骨太の英語力」を身につけたい人、本気で取り組める人を募集します。

無料説明会に申し込む