Column

コラム

2018 Apr 11

英字新聞を読むメリットとは

Kanda Gaigo Extension

英字新聞は、英語を流暢に話すことのできる人のみが読むものだと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、そうではありません。英字新聞では、現地で使われている生きた英語を学ぶことができるので、初級・中級者の英語学習にも適しています。ここでは英字新聞を読むメリットと読むときの注意点について紹介していきます。

英字新聞なら語彙力が身につく

英字新聞の文章は、汚い言葉を使わず、幅広い語彙や正しい文法を使って丁寧に書かれています。こうした質のよい文章を読むことで、失礼にならない言いまわしを覚えることができます。そのため、実際にビジネスでの英会話で役に立つ、生きた英語を身につけることができます。

読む箇所を絞って英字新聞を毎日読むことが大切

英字新聞は、大まかに読むことが大切です。せっかく英字新聞を買ったからと言って、隅から隅まで読みつくそうとすると、挫折してしまうかもしれません。そのため、興味のある分野や仕事で使う分野の記事などに絞って、毎日読むようにしましょう。毎日読むことで英語のリズムが体に馴染んできたり、頻繁に使われる単語や言い回しを学べたりします。

英字新聞には2つのタイプがある

一口に英字新聞と言っても2つのタイプがあります。1つは、日本の新聞社が出している英字新聞で、日本のニュースが英語で書かれているものです。もう1つは、アメリカの「The New York Times」やイギリスの「The Times」といった海外の新聞社が出しているものです。それぞれにメリットがあります。日本の新聞社が出している英字新聞は、日本のニュースが書かれているので、内容を理解しやすく、初級・中級者の英語学習に適しています。一方、海外の新聞社が出している英字新聞では、海外の最新情報を知ることができます。これを読んでおけば、ホットな時事ネタを話題にして外国人とコミュニケーションを取ることができるでしょう。

英字新聞の見出しには特有の英語表記がある

英字新聞を読む際の注意点として、見出しに特有の英語表記があることが挙げられます。新聞は決められた枠の中に、文字や画像を載せなければならず、見出しに使える大きさも限られています。枠に収めるために、見出しには、表現を短くする工夫がされています。例えば、冠詞やbe動詞を省略して文字数を節約しています。英字新聞の見出しは、必ずしも正確な文法ではないということを念頭に置いておく必要があります。以下に、見出し特有のルールを7つ紹介します。

・過去の出来事でも、現在形の動詞を使う
・未来のことは「will」ではなく、「to+動詞の原形」の不定詞や現在分詞を使う
・過去形は受動態を意味する
・be動詞や代名詞、冠詞など、書かなくても分かることは省略される
・カンマ(,)は「and」や「but」の意
・セミコロン(;)は区切りの意
・コロン(:)は「said / according to」の意(コロン以下は発言者)

英字新聞を読むメリットと注意点はお分かりいただけたでしょうか。英字新聞は正しい文法で書かれているため、ニュースを読みながら正確な文法を学ぶことができますし、語彙力の強化にもつながります。ただし中には、特殊な表記もありますから、その点には注意しつつ英語力を上げる方法の1つとして、試しに英字新聞を手に取ってみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る

まずは、無料説明会にお越しください!

無料説明会の流れ(約90分)

  • プログラム説明

    プログラム説明

  • 無料説明会の流れ
  • レベルチェックテスト

    レベルチェック
    テスト

  • 無料説明会の流れ
  • 動画学習・自主学習教材体験

    動画学習・
    自主学習教材体験

  • 無料説明会の流れ
  • 質疑応答

    質疑応答

なまやさしいことを言うつもりはありません。
私たちが責任を持って、情熱を込めてお教えします。
本気で、「強く・骨太の英語力」を身につけたい人、本気で取り組める人を募集します。

無料説明会に申し込む