英語教育公開講座2019

令和時代の新しい授業形態New Teaching Styles in Reiwa Era

開催日程・会場SCHEDULE & VENUE

1講座につき2,000(税込)基調講演と体験授業は無料

日程・会場一覧

開講講座一覧

開講のあいさつGREETINGS FROM COORDINATOR

長谷川 貢Mitsugu Hasegawa

神田外語
英語教育公開講座
コーディネーター

神田外語学院教育部
教育開発指導担当

新しい元号令和を迎え、元年に相応しい英語教育公開講座にしたいと思い、今年も多様な講座を用意致しました。元号が平成から令和になったからと言って世の中が大きく変わることはないのですが、英語教育の世界では、小学校3年生からの英語授業や大学入学共通テストの導入など、日本の英語教育にかつてなかったほど大きな変化と言えるでしょう。その変化に伴い、この令和の時代の英語授業はどのようになるのでしょうか。今年の英語教育公開講座では「令和時代の新しい授業形態New Teaching Styles in Reiwa Era」をテーマとし、プレゼンターと出席者の皆さんと共に考えたいと思います。また、2020年度から始まる小学校3年生からの英語授業のために、今年から小学校英語授業に関する講座を増やしました。来年度から大きなチャレンジに立ち向かう小学校の先生方のお役に立てれば幸甚に思います。

 基調講演にはこの公開講座ではすでにおなじみの、西武学園文理高等学校の土屋進一先生にお願いしました。土屋先生は授業で「主体的で深い学び」を実践するにはどうしたら良いかを探求されており、そのためにいろいろな仕掛けや工夫を研究されています。今回の講演では実際の授業映像などを交えてその実践例をお話ししていただけるとのことです。小学校から高校まで多くの先生方に参考になるお話をいただけると思います。

講座の構成は以下の8つのカテゴリ-に分かれていますが、複数の分野が含まれる場合もありますので、個々の説明をお読みいただきますようお願いいたします。

 1.中学・高校・大学の現役の先生方による講座
 2.英語教授法理論に関する講座
 3.ICTを応用した授業に関する講座
 4.CLIL授業例を紹介する講座
 5.4技能入試対策
 6.英語学習活動のアイディアを紹介する講座
 7.小学校英語、児童英語に関する講座
 8.デモ授業体験

 今年は東京神田会場の他に静岡(8月19日、グランシップ)と大宮(8月27日、ソニックシティ)でも開催することとなりました。会場の関係で講座数は少ないですが、多くの先生方にご利用いただきたく思います。また、講座の発表者を募集しています。日頃、積み重ねた経験や研究を発表する場、そして同じ立場の先生方と情報共有をする場として大いにご利用いただきたく思います。

 最後に、台風の直撃を受けて多くの方が参加できなかった昨年のようにならないように天に祈りながら、皆様との再会を楽しみにしております。

主催

神田外語大学

神田外語学院