英語教育公開講座2021

GIGAスクール構想下での英語4技能授業4-Skills English Instruction under GIGA School Concept

開催日程SCHEDULE & VENUE

1講座につき2,000(税込)基調講演と体験授業は無料

日程・会場一覧

開講講座一覧

インフォメーションINFORMATION

一覧

開講のあいさつGREETINGS FROM COORDINATOR

長谷川 貢Mitsugu Hasegawa

神田外語
教育公開講座
コーディネーター

神田外語学院
教学・研究グループ

2020年度を襲ったコロナ禍は2021年度に入っても猛威を振るい、通常の学校活動は戻らない状態が続いています。その中でGIGAスクール構想が本格的に始まった小学校や移行期間にある中学校の子供たちは、一人ひとりがタブレット端末を持って授業を受けるようになりました。しかも常にカバンの中に携帯している(学校によっては帰宅時に回収しているそうですが)という全く異なる学習環境が与えられています。

私共、神田外語グループでは神田外語大学でも専門学校神田外語学院でもかなり前から学生一人ひとりにタブレット端末(iPad)を持たせて授業内外問わず常時携行させてきました。先生方は今では当然のように授業をしていますが、導入時は学生よりむしろ先生方に戸惑いがあったことを覚えています。中にはタブレット端末をどう活用したらよいか想像もつかないという方もいました。そこで、ICTリテラシーの高い教職員が中心となり、そうした先生方を対象に習得のためのセミナーや講習会を何度も開催することで、最終的に双方の努力が結実することとなりました。

今年の英語教育公開講座では、こうした経験を皆様と共有して本格的に始まるGIGAスクール構想に備えて一緒に考えて行きたいと思います。基調講演には神田外語大学言語メディア教育研究センター客員講師の髙橋一也先生に学習科学の専門家という立場からGIGAスクール時代の学びについてお話しいただきます。ICTテクノロジーが英語授業における学びにどのような変化をもたらすのか、先進的なお話しが聴けるものと思います。髙橋先生は2000年代から米国系大手IT企業の仕事をされ、特にICTテクノロジーにより教育を支援するEdTechの専門家でもあります。また、2016年には日本人で初めて教育界のノーベル賞とも称されるグローバルティーチャー賞最終候補に選出されました。

生徒一人ひとりがタブレット端末を持つということは、それぞれ異なる情報にアクセスできるということです。当然、生徒は自分で考え、行動し、学び、自分だけで発表するという活動が求められることになります。この時大切になるのは自立や自律という学習姿勢です。生徒や学生のこうした自律性を引き出して育成する研究をしている神田外語大学自立学習教育研究所の加藤聡子先生と、セルフアクセスラーニングセンター(SALC)ラーニングアドバイザーの今村有里先生、Isra Wongsarnpigoon先生に、対話を通して生徒の自律性を引き出す学習アドバイジングについての講座をお願いしました。GIGAスクール時代に必要な自律的学習態度の育成の一助になると思います。

今年のゲスト講師としては、長野大学企業情報学部教授の山西敏博教授をお招きし、CLIL授業とCooperative Learningを合致させた新しい授業展開についてお話しいただきます。また、毎年新たなアイディアを発表していただいている西武学園文理中学高等学校の土屋進一先生には、学習指導要領に即した英語4技能型授業案の考え方を実践例を含めながらお話しいただきます。高等学校におけるGIGAスクール構想が本格的に導入される前に4技能型授業の展開法について参加者の皆様と考えたいとのことです。更に、マリーナ・イングリッシュスクール代表の後藤真里奈先生をお迎えし、GIGAスクール構想を前提とした反転授業(Flipped Class)による4技能型授業についてお話しいただきます。また、デモ講座としては、神田外語学院EICスーパーバイザーのKieran Julian先生に、2015年に初めてiPadを全学生に配布して授業を開始してからの取り組みを紹介していただきます。そして、今年も神田外語大学大学院TESOLプログラム・アシスタントディレクターのGordon Myskow先生によるデモ授業もお願いしました。

今年度も基調講演を含む全ての講座をウェブ会議システムZoomを用いてオンライン講座としてお届けします。それぞれの参加者がリラックスできる場所からご参加いただけます。また、各講座の発表者には参加者の皆さんからの質疑応答と意見交換の時間を確保していただくようにお願いしていますので、皆様にとってより有意義な講座になると思います。今年の公開講座も忙しい先生方のお役に立てることを願っております。

主催

神田外語大学

神田外語学院