本文のエリアです。

国際ビジネスキャリア専攻


International Business Career

国際シーンで活躍する未来の自分を描いたら英・日両語でのビジネス探究を最善の学習環境で。

「広き世界は我が舞台」。神田外語大学の校歌にうたわれるこのビジョンを、躍動するビジネス社会で実現するための学びの場が本専攻です。求められる教養と技能は、厳しいが興味も尽きず、達成感も格別。グローバル社会へのゲートウェイとして最善環境を誇る本学で、ビジネスの理論と現状を探究します。

  • キャリア形成と正面から向き合う英語

    「国際ビジネスシーンで活躍する人財」に向かい、1年次に外国人教員のもと英語運用能力の基礎を徹底。2年次よりビジネス専門英語へと移行し、ゼミも開始します。3年次までに国内・海外で2度のインターンシップ実習を通し本物のビジネスを経験、探究心に弾みをつけます。4年間で、“英語を学ぶ”から“英語で学ぶ”、そして“英語で働く”へと、ステップアップを果たします。そして本専攻が両輪として重視する、日本語でのビジネス探究科目群。“働くとは?”の問いと何度も向き合いながら、日本と世界をつなぐ人財として、キャリア形成の出発点に立つことができます。

  • 実践力の徹底とキャリア洞察力を

    本専攻は社会人からの学びの機会も多く、専門科目群では英語・日本語問わずディスカッション、プレゼンテーションを通した発信力を磨きます。ビジネス界の共通言語としての財務を修め、数字も味方に。目先にとらわれぬ、キャリア形成の持続可能な基盤づくりこそ本専攻で学ぶ生涯価値なのです。

言葉と文化を同時に学べるCLOSE UP授業

  • English for Business Career

    社会で通用するビジネススキルを

    国際ビジネスキャリア専攻のための語学必修科目です。プレゼンテーションや交渉術などの実習を通して、情報の発信力と分析力を磨きます。ケーススタディや最近の国際ビジネスを題材にとることで、語学力だけでなく教養を身に付けることができます。講義・教材ともすべて英語です。

  • キャリア研究

    自分と人々の“働く”を多面研究

    キャリア=働く歴史とは何か、その本質と多様性を探究し、自分の未来像を想像・創造します。キャリア形成ステージとしての社会、経済、企業の仕組みあるいは勤労観を体系的に理解し、トレンドを捉えます。文献に加え、活きた教材として新聞記事やゲスト講師との質疑などを導入するため、学びの場は日々新たです。

  • ビジネスリサーチ

    課題解決手法の基礎力をみっちりと

    説明する相手から確かな信頼を得ることのできる調査手法を身に付けます。インタビューで得た語りを扱う方法と、調査結果の数値化を行う方法のふたつを、基礎から学んでいきます。

  • ビジネス研究演習

    真に知りたいことをじっくり解き明かす

    2年次からのゼミ履修(全員)が特徴です。ゼミ生が中心となる演習での切磋琢磨を通して、ビジネスの実態や仕組みにおいて、自分が本当に解明したいことは何なのかを探ります。前後しての国内・海外の2度のインターンシップ経験(必修科目)を反映させ、続く3年次ゼミにおいて研究テーマの本格的な掘り下げと達成感を獲得します。

※授業の紹介は一例です。担当教員により内容が異なる場合があります。

デュアルディグリープログラム

4年間で本学と韓国・又松(ウソン)大学校ソルブリッジ国際大学の両方の学位を取得できるプログラムです。ソルブリッジ国際大学は、東亜日報による「韓国最優秀大学10校」にも選ばれている又松(ウソン)大学校から、ビジネスの学部だけを切り離して独立した大学。公用語と全講義は英語で行われ、全世界から約500名の留学生が在籍し、世界基準のビジネスを学んでいます。このディアルディグリープログラムでは、1・2年次は神田外語大学、3・4年次はソルブリッジ国際大学で学ぶことで、双方の学位を同時に取得します。アジア圏への英語留学として、欧米への留学に比べ渡航費や生活費を大幅に抑えることができるのも特徴のひとつです。

  • <留学要件>
    国際ビジネスキャリア専攻で2年、又松(ウソン)大学校ソルブリッジ国際大学に最低2年修学し、総合の単位を取得することで、修了時に両大学から学位を発行。

  • <英語能力>TOEFL®(ITP)500点、TOEFL® iBT 61点、IELTS 5.5以上

  • <GPA>2.7以上(4.0満点)

国際ビジネスキャリア専攻モデルカリキュラム

1年次

入学すると、まずは神田外語大学の特色である、豊富な外国人教員による授業科目群で英語能力の基礎形成をします。平行して「情報基礎」および「基礎演習」に加え「キャリア研究」を履修し、本専攻のコンセプトを身に付けます。ビジネスに特化した専攻ですが、国際ビジネス分野を徹底探求するか、あるいは履修分野に幅広さを持たせるかの方向性を自ら定め、2年次に研究プログラムとして選択します。調査の基本「ビジネスリサーチ」、ビジネス界の共通言語「財務会計」、そしてゼミ「ビジネス研究演習」の開講も2年次の特色です。国際コミュニケーション学科では、2年次に「英語資格特別演習」を履修し、TOEIC®650点以上を取得することが卒業要件の一つとなっています。

=英語科目 =特別演習科目 =研究科目 =基礎科目
 

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

1時限
9:00-10:30

   

Reading

 

English for International Communication I

2時限
10:40-12:10

Reading

Writing

 

English for International Communication I

 

3時限
13:10-14:40

English for International Communication I

基礎演習

統計学

Writing

 

4時限
14:50-16:20

経済学

キャリア研究 I

English for International Communication I

  国際マーケティング論

5時限
16:30-18:00

        国際経済論

情報基礎

3年次(例:国際ビジネス研究プログラム)

本専攻の後半は専門であるビジネスキャリアを、ケーススタディなどを中心に、科目ごとに日本語および英語の両環境で探求します。文献からも、そして現役ビジネスパーソンからも日英両語で貪欲に学びとります。2年次および3年次にかけ、休暇期間に2度(国内・海外)の「企業インターンシップ」を実習します。ビジネス学習の成果を現場で発揮し、逆に新たな発見と経験を教室授業に持ち帰ります。そしてゼミからの一環指導を受ける4年次科目「ポートフォリオ研究演習」は専攻履修の集大成です。多くの必修科目を設置した当専攻のカリキュラムですが、キャンパスライフ後半には気になる第3、第4言語に挑んでみるのもよいでしょう。教室を離れての読書や実地見聞を重ねる余裕も在学中に手に入れられるでしょう。

=英語科目 =特別演習科目 =研究科目 =基礎科目
 

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

1時限
9:00-10:30

 

ビジネスリサーチ III

  美術史学  

2時限
10:40-12:10

   

English for International Career III

   

3時限
13:10-14:40

キャリア研究 II

国際取引法 テニス   メディアと社会

4時限
14:50-16:20

企業英語III-1

   

ビジネス研究演習 II

多国籍企業論

5時限
16:30-18:00

  国際ビジネス・コミュニケーション論  

ビジネス研究演習 II

 

企業インターンシップ II

4年間でみるみる上達各年次での到達目標/4技能「聞く・話す・読む・書く」の運用能力

1年次

  • 聞く
    日常生活で出合う身近な話題について、情報の要点を的確に理解できる。もし、話が聞き慣れた話し方で発音もはっきりしていれば、メッセージの細部も理解できる。
  • 話す
    自分の関心のある様々な話題について、ある程度の流暢さで、簡単な記述やプレゼンテーションができる。

英語レベル

  • TOEIC®
    650点
    (CEFR B1 レベルに相当)

2年次

  • 読む
    自分の専門分野や興味に関連のある主題について、簡潔な事実関係のテキストを読んで、十分に理解できる。
  • 書く
    関心のある話題について、まとまった簡単なエッセイを書くことができる。自分の専門範囲の事柄について、情報を収集した上で総括し、報告できる。また、それに対し、自分の意見を提示することができる。

3年次

  • 聞く
    ビジネス用語を含むやりとりを聞き取り、指示に沿った仕事をする。
  • 話す
    現役ビジネスパーソンに自分の疑問を投げかけて解決する。職場を代表し、外線電話応対をする。

英語レベル

  • *1

4年次

  • 読む
    企業が発行する事業報告書などのビジネス文章から業態や方針、業績を読み取る。
  • 書く
    社内の指導員にメールで報告・連絡・相談をする。会社名で発信する文章の作成を部分的に請け負う。

*1 「ビジネスで貢献できる英語」というESP(=特定目的のための英語)を後半のカリキュラムの主軸とする。上記の能力は、「目標」であると同時に必修科目での挑戦の中で「現実」となる。ビジネスの現場で貢献し、企業人に任される経験を通して、スコア化が困難な真の自信をつける。

※CEFRのB1レベルとC1レベルに関する説明は2004年に刊行された『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』(吉島茂、大橋理枝他編訳)を参考にした。

必修科目と選択科目

英語科目内の数値は単位数)

  必修 特別演習科目

1年次

English for International
Communication
8
Reading
4
Writing
4
情報基礎
2

2年次

English for Business Career
2
企業英語
4
英語資格特別演習
2
企業インターンシップ
2
ビジネスリサーチ
4

3年次

English for Business Career
6
企業英語
4
企業インターンシップ
2

4年次

ビジネスリサーチ
(3・4年次必修)
2

研究科目国際ビジネスキャリア専攻指定科目

  必修

1年次

キャリア研究
4

2年次

企業研究
4
財務会計
4

3年次

キャリア研究    
2
企業研究    
2

4年次

国際ビジネスキャリア専攻Q&A

  • オープンキャンパス・個別学内見学
  • 先輩からのメッセージ
  • 入試情報
  • 資料・願書請求


ページの先頭へ