本文のエリアです。

言語メディア教育研究センター(LMLRC)


概要 / A Brief Introduction

言語メディア教育研究センター(以降LMLRC)は2014年4月にメディア技術と従来型のテキストの融合など、言語教育や学習のプロセス、実践、研究を目的としたセンターです。

活動内容は、革新的かつメディア技術を利用した教育手法の研究や、神田外語大学内のメディア技術を利用したプロジェクト支援などを行います。また国内外に協力関係を築き、幅広い研究活動を行います。

 

The Language, Media and Learning Research Center (LMLRC) was inaugurated at Kanda University of International Studies (KUIS) in April 2014, as a research center dedicated to investigating the integration of media technologies and texts, both digital and traditional, into processes and practices of language teaching and learning. Specific aims of the project include developing innovative, media-oriented pedagogies; supporting and promoting media-related research on the KUIS campus; and building new partnerships within and without the Sano Educational Foundation community.

活動報告/ Activity Report

2014.07.16 宮川繁教授(Massachusetts Institute of Technology)講演会
Lecture: Dr. Shigeru Miyagawa (Massachusetts Institute of Technology)

※当日の講演の模様を動画でご覧頂けます。(キャンパス内のみ閲覧可能)
※Video clip is available only on campus.

2014.1 シンガポール視察報告

言語メディア教育研究センター(LMLRC)組織

センター長
石井 雅章(メディア教育センター准教授)

副センター長

今岡 幸美(メディア教育センター)
課長
飯泉 俊之(メディア教育センター)
メンバー
青砥 清一(イベロアメリカ言語学科 スペイン語専攻准教授)
小野塚 和人(英米語学科講師)
尾沼 玄也(グローバル日本語センター講師)
松井 健吾(イベロアメリカ言語学科 スペイン語専攻講師)
Ryan Lege(English Language Institute主任講師)

本センターに関するお問い合わせ

神田外語大学 言語メディア教育研究センター
(The Language, Media and Learning Research Center)

E-mail:LMLR(@)kanda.kuis.ac.jp

※メール送信の際はカッコ( )を削除してください。



ページの先頭へ