本文のエリアです。

大学院 TESOL


このページを印刷する

神田外語大学大学院 TESOL プログラム講演会【東京・神田】2017年3月10日(金)

2016.12.22
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この講演会は英語で講演されます。

日時: 
2017年3月10日(金)
18:30~20:00
 

題目:
Major Changes in Japan's English Education
 
講演者:
吉田 研作 氏
(上智大学教授)
 
会場:
神田外語学院 3号館 7階 アズール
JR神田駅西口から徒歩2分
 
参加費:
無料

使用言語:
英語

対象:
英語教育に関心をお持ちの方

吉田 研作 氏

題目:
Major Changes in Japan's English Education
(日本の英語教育改革)

概要:

In this lecture I will talk about the major changes which are being discussed to revise English education in Japan. The recent discussions concerning this revision include the introduction of English as activities from grade 3 and the introduction of English as a subject in grade 5, the teaching of English basically in English, not only in senior high school, but also in junior high school, the rewriting of the Course of Study based on the so-called ‘Can-do’ criteria—following the European model which is based on the CEFR (Common European Framework of Reference) statements—and, last but not least, changing the present University Center Test to a 4-skills English test. These are major changes and like all major changes, they entail many issues to be solved.  I will talk about these issues and how MEXT hopes to deal with them.

本講演では日本の英語教育改革において、現在議論されている以下の大きな変更点を取り上げます。
1. 小学校3年次から英語活動を導入し、5年次より英語を教科として教える。
2. 「英語」教科を英語で教える。
3. 指導要領をCEFRに準拠するCan Doリストに基づいて書き換える。
4. 現行のセンター入試を4技能テストに変える。
また、以上の変更点実施に伴う諸問題を取り上げ、文部科学省がどのように対応しようとしているかについても言及します。

お申込み方法

講演会に参加ご希望の方は、以下のページからお申込みください。

【ご来場の皆様へ】

この講演会でのビデオ録画やデジカメ撮影、および音声録音は禁止させて頂いております。
また講演中は、スマートフォン、携帯電話の電源はお切りください。ご協力をお願い致します。
Please refrain from photographing ,voice recording, video recording of projection screens and monitors, and using your cell phone during lecture.

東京会場アクセスマップ

・ JR神田駅西口から徒歩2分
・ 東京メトロ神田駅1番出口から徒歩3分
・ 東京メトロ大手町駅A2出口・淡路町駅A1出口、都営地下鉄小川町駅A1出口から徒歩7分

お問い合わせ先

神田外語大学大学院 東京キャンパス TESOLプログラム・オフィス

TEL:03-3254-3586

E-mail:tesol@ml.kuis.ac.jp

住所:〒101-8525 東京都千代田区内神田2-13-13 神田外語学院7号館4階

関連サイト



ページの先頭へ