本文のエリアです。

英米語学科


このページを印刷する

「シンガポール英語会話モジュール」公開

2015.07.23
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「1.あいさつする」の動画のシーン

「3.人にものをあげる」の動画のシーン

神田外語大学と東京外国語大学の共同開発による無料インターネット教材「英語会話モジュール」の第6弾となる「シンガポール会話英語モジュール」を公開しました。
 
シンガポールは、今やアジアのなかで最も日本企業が進出し、おしゃれな観光地としても注目を浴びる国です。中華系、マレー系、インド系で構成されるシンガポールの公用語は、英語、華語(中国語)、マレー語、タミル語です。そのうち英語は社会の共通語であり、学校教育の言語となっています。
 
シンガポール人が普段の生活のなかで最も気楽に話す口語体シンガポール英語は「シングリッシュ」と呼ばれ、中国語(主に福建語と広東語)とマレー語の要素が含まれています。シンガポールを訪れる日本人はシングリッシュに接し、違和感を覚えるかもしれません。本モジュールでは、会話文の右の「ページアイコン」にマウスオンすると、シンガポール英語特有の語彙、表現、語法、発音についての解説をご覧いただけます。
 
シンガポール英語のスクリプトはシンガポール国立大学英語学専攻の学生たちが作成しました。また、動画は東京外国語大学のスタジオで撮影されました。出演者たちは、日本在住のシンガポール人です。

シンガポール英語のスクリプトを作成した
シンガポール国立大学のAmanda Ngさん、Rachel Hoさん、Kezia Sohさん

出演者たちと撮影を監督した先生方(斎藤弘子先生(東京外国語大学)、新城真里奈先生、矢頭典枝先生(神田外語大学))

 

撮影の風景(東京外国語大学スタジオにて)

なお、本モジュールは、日本学術振興会の科学研究費助成事業(基盤研究(B)、課題番号24320106)の助成金を受領して実現しています。


本モジュールを活用して、ぜひシンガポール英語に親しんでください。

英語モジュール・チーム一同

関連サイト



ページの先頭へ