本文のエリアです。

イベント


このページを印刷する

9/20(土)・21(日)開催-英語教育公開シンポジウム
「これからの英語教育-ポジティブに可能性を探る-」

2014.10.14
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※開催報告とようす

【シンポジウムの趣旨】

グローバル時代を迎え、日本の英語教育は「使える英語」「コミュニケーション英語」を明確に志向しています。平成25年施行の高校の新学習指導要領では「授業は英語で行うことが基本」と明記され、平成30年からは中学校でも段階的にこれが導入される見込みです。
そうした大きな変化の真っ只中にある日本の英語教育ですが、その今後の可能性をポジティブに考える2つのシンポジウムを企画しました。

第1部は、中学・高校の現場でのスピーキング活動に焦点をあてます。教師と生徒、生徒間のインタラクションをいかに増やし、生徒のパフォーマンスを重視したよりコミュニカティブな言語活動をいかに多く授業に取り入れ、それに応じた生徒のスピーキング評価をいかに行うか(「なぜ」評価するのか、「何を」評価するのか)について、その分野をご専門とする今井裕之氏、佐野正之氏のご講演、スピーキング評価に関する3つの実践研究報告を通して、参加者の皆さまと共に考えます。皆さまとの活発な討議を期待しています。

(第1部企画:朴シウォン、英米語学科准教授、FLP副センター長)

第2部は、英語教師の役割を考えます。日本の英語教育は、母語が英語の言語体系と大きく異なる外国語教育、大人数対象の一斉教育、大多数の英語教員は日本語母語話者、といった環境であり、理想的環境ではないかもしれません。しかし、様々な可能性がある筈です。特に、日本人教師が自らの「強み」を認識し、ALTほかNative教員と相互補完・協働することで、学習者のニーズや能力の的確な判定・指導が期待できます。近年の大学生の英語力の傾向も考察し、生涯英語と付き合っていくことのできる学習者の育成を考えます。
(第2部企画:長谷川信子、言語科学研究科教授、FLPセンター長)

開催概要

開催日時
2014年9月20日(土)・21日(日) 10:10~16:45

会場
第1部 / 9月20日(土)「中学・高校における英語スピーキングの指導と評価」
神田外語大学7号館2階 クリスタルホール

第2部 / 9月21日(日)「日本人教師だからこそできること、ネイティブ教師だからこそできること」
神田外語大学3号館3階 302教室

対象
小・中・高・大学英語教員、英語教員志望の学生ほか、英語教育に関心のある方どなたでも

参加費
無料

使用言語
日本語(第2部の一部は英語)

共催

外国語能力開発センター(FLP)
グローバル推進室

スケジュール

第1部:9月20日(土)
中学・高校における英語スピーキングの指導と評価
10:30 開会     長谷川信子(神田外語大学FLPセンター長)
10:40 – 12:00
招待講演: 中高生のスピーキングパフォーマンス評価
―パフォーマンスを学びに―     
今井 裕之(関西大学外国語学部教授)
12:00 - 13:00 昼食
13:00 – 14:20 招待講演: スピーキングの指導と評価 ―3年間の実践を通して― 
佐野 正之(横浜国立大学名誉教授)
14:20 – 14:30 休憩
14:30 – 15:15
(実践報告)
各15分
中学校でのスピーキングテストと評価 -ALTとのインタビューテストを通して-
佐藤 信之 (茂原市立本納中学校)
中高一貫校における6年間を見通したスピーキングの指導について
―コミュニケーション力の伸長を図る取り組み―
高橋真由美 (千代田区立九段中等教育学校)
高校におけるスピーキングの指導とスピーキングテスト
―到達目標の設定とALTとの連携―
野村真理子(神田外語大学FLP研究員)
15:15 – 15:25 休憩
15:25 – 16:10
質疑応答 & パネルディスカッション
司会: 小林真記 (神田外語大学英米語学科准教授)
16:10 – 16:15 閉会    朴シウォン(神田外語大学FLP副センター長)
16:15 – 16:45 レセプション(7号館3F KUISカフェ)
第2部:9月21日(日)
日本人教師だからこそできること、ネイティブ教師だからこそできること
10:30 開会      長谷川信子(神田外語大学FLPセンター長)
10:45 - 11:30
講演:母語の知識の活用と文法指導
桒原和生(神田外語大学英米語学科教授)
11:35 - 12:20
講演(英語):
Expansive Learning and Teaching from a Socio-Cultural Perspective for FLP:
What Native and Non-Native Teachers Can Contribute
Tim Murphy(神田外語大学英米語学科教授)
12:20 – 13:30 昼食
13:30 - 14:15 招待講演:英語非母語話者としての特権を認識し最大限に活用しよう
白畑知彦(静岡大学教育学部教授)
14:20 – 15:05
招待講演:うまくいかない学習者を理解する ―表現方法の転移をめぐって― 
梅原大輔(甲南女子大学文学部教授)
15:10 - 15:55
講演(英語):Teacher and Advisor Roles in Language Learning
Joanne Mynard(神田外語大学 言語教育研究所准教授、SALCディレクター)
16:00 – 16:45
質疑応答 & パネルディスカッション
司会: 長谷川信子
16:45 閉会

謝辞:9月20日の「シンポジウム第1部」は佐野学園(神田外語大学)研究助成(研究代表者: 朴シウォン)の支援を受けています。

関連サイト

お問い合わせ先

神田外語大学 外国語能力開発センター(FLP)

TEL:043-273-2357

E-mail:flp@ml.kuis.ac.jp

所在地:〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1



ページの先頭へ