本文のエリアです。

イベント


このページを印刷する

平成22年度小学校英語教育シンポジウム 効果的な小学校英語教育

2011.02.11
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成22年度小学校英語教育シンポジウム
効果的な小学校英語教育

本学児童英語教育研究センター(CTEC)は、平成21年4月の設置以来、これまでに神田外語グループで培ってきた英語教育の理論的基盤・教育実践に基づき、小学校教員研修や指導者養成等を通じて小学校外国語活動に貢献してきました。本シンポジウムでは、平成23年度の小学校外国語活動本格実施に向けて、早期英語教育に関わる様々な分野の知見を実践・研究報告という形で提供し、討論します。
 
初日は早期英語教育に関わる研究発表、2日目はワークショップも含めた実践報告が行われます。2日目のワークショップのみ事前の申し込みが必要です。 

開催概要

■開催日
2011年2月11(金・祝)・12日(土)

■会場
姉妹校・神田外語学院

■対象
小学校英語教育に関心のある方

2月11日(金):研究報告会|お申し込み不要

会場 神田外語学院 本館7階講堂
9:10 受付
9:25 - 9:40 開会
9:40 - 12:00 (1)9:40 - 10:20
『教師 - 児童の談話の特徴と教育的示唆』
田中 真紀子(神田外語大学教授)
長田 恵理(神田外語大学CTEC専任講師)
本多 正敏(神田外語大学CTEC研究員)
(2)10:30 - 11:10
『小学校英語におけるタスクと語彙と文のカタチ』
長谷川 信子(神田外語大学大学院教授)
(3)11:20 - 12:00
『船橋市における英語教育推進事業について』
掛村 利弘(船橋市教育委員会)
12:00 - 13:00  昼食
13:00 - 15:20
(4)13:00 - 13:40
『世界に響く声を創るために ― 英語コミュニケーション活動の意味』
八島 智子(関西大学教授)
(5)13:50 - 14:30
『小学校英語教育における文字指導とその評価』
高橋 美由紀(愛知教育大学教授) 
柳 善和(名古屋学院大学教授)
(6)14:40 - 15:20
『子供の可能性―バイリンガルから学ぶ』
岡 秀夫(目白大学教授)
 15:30 - 16:30 パネルディスカッション
司会:田中 真紀子
パネリスト:岡 秀夫、高橋 美由紀、長谷川 信子、八島 智子、柳 善和
 16:30 - 16:35  閉会

 

2月12日(土):実践報告会|要お申し込み

会場 神田外語学院 3号館
9:30 受付
9:45 - 10:00 開会
ワークショップ
[午前]
10:00 - 12:10
[午後]
13:15 - 15:25
午前・午後とも同じ内容です。
同じワークショップを2度受講することはできません。
[午前]10:00 - 11:00 [午後]13:15 - 14:15
 
[1] Improving English Skills through Classroom English
[2] 文字指導のためのフォニックス
[3] 電子黒板を用いた活動の紹介
[午前]11:10 - 12:10 [午後]14:25 - 15:25
 
[4] 英語で他教科をどのように扱うか
[5] 理論に裏づけされたコミュニケーション活動の紹介
[6] 教材の選択と指導技術
15:25 - 15:30 閉会
15:30 - 16:30  レセプション

 

講師紹介・ワークショップ概要

[1] Improving English Skills through Classroom English
 
Lara Promnitz-Hayashi(神田外語大学ELI語学専任講師)
 
In this workshop you will learn some useful expressions and ways to use them in the classroom. You will practice using them by actually experiencing some fun English activities.
[2] 文字指導のためのフォニックス
 
中田 睦子(神田外語大学大学院生/津田塾大学オープンスクール非常勤インストラクター)
 
“name” はなぜ「ネイム」と発音するのでしょう?アルファベット26文字にはそれぞれ、最低1つの「音」があります。「文字」と「音」の関係(フォニックス)を学ぶことで「文字」を見て「発音」でき、「音」から「文字」を考える事ができます。効果的な活動を通して、「文字」⇔「音」の学習を可能にします。子どもたちに好評だった2つの活動を提案します。これらの準備には時間がかかりません。児童が「やる気」を起こす活動です。一緒に体験してみませんか。
[3] 電子黒板を用いた活動の紹介
 
杉山 みゆき・西 尚子(神田外語キッズクラブ)
 
来年度より、いよいよ小学校において外国語(英語)活動が全国的に始まります。本ワークショップでは、英語ノートの指導案にのっとって、二人の講師がそれぞれに担任役、ALT役を演じながら電子黒板を使用したティームティーチングの模擬授業を展開します。参加者の皆様には児童役として電子黒板による英語の授業を体感していただきます。効果的な指導法や活動事例のご紹介も交えながら指導案の解説も行いますので、奮ってご参加ください。
[4] 英語で他教科をどのように扱うか
 
長田 恵理(神田外語大学CTEC専任講師)
 
社会科や理科を通して児童が学んだことを英語の授業でも扱うことは児童の興味を惹き、学習のよい動機付けとなります。このワークショップでは、講師が公立小学校で実際に行った活動を紹介するほか、他教科をどのように外国語活動に取り込めばよいか、トピックの選定からプランに落とすまでを実際に参加者の皆さまに体験していただきます。
[5] 理論に裏づけされたコミュニケーション活動の紹介
 
田中 真紀子(神田外語大学教授)・神田外語大学学部生
 
このワークショップでは本学で開講されている「児童英語教育論」で行われた学生による模擬授業の中でいくつか役に立つ効果的なアクティビティーを紹介します。学生たちが協働で開発した楽しいアクティビティーで、小学校の英語活動ですぐ実践することができます。レッスンプランからアクティビティーの作成、授業のポイントやティームティーチングを行う上での留意点なども踏まえて、アクティビティーを体験してもらいます。
[6] 教材の選択と指導技術
 
ネーナ・ニコリッチ細中(神田外語学院児童英語教育科スーパーバイザー)
 
教師は、児童がどのように英語を学ぶかについて様々な信念を抱いています。このワークショップでは、いくつか例を取り上げながら、教師の信念が教材の選択にどのような影響を与えるかを参加者の皆様と一緒に考えていきます。

 

お問い合わせ先

神田外語大学 児童英語教育研究センター(Center for Teaching English to Children)

事務担当が応対いたします。(月~金9:30~17:00 ※土日祝日は休み)

TEL:043-273-1579

FAX:043-273-1726

E-mail:ctec@kanda.kuis.ac.jp

住所:261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1 (神田外語大学1号館1F)



ページの先頭へ