本文のエリアです。

インフォメーション


このページを印刷する

第3回全国外大連携プログラム「通訳ボランティア育成セミナー」開催報告

2016.12.14
神田外語大学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲平昌(ピョンチャン)オリンピック・パラリンピック競技大会 副事務総長 金キホン氏による基調講演

2016年9月6日(火)~9日(金)に開催された第3回全国外大連携プログラム『通訳ボランティア育成セミナー』が無事終了しました。本セミナーには800名以上の学生が応募し、最終選考の結果367名の学生が参加しました。

このセミナーは、人間としてのキャパシティを広げるための学び、リベラルアーツ(教養教育)を身につけるために役立つカリキュラムになっており、参加者はスポーツ・文化を始め日本・異文化理解そして、ホスピタリティマインド、通訳技法・スキル等幅広い知識・技能を学びました。

今回の基調講演では、2018年開催の平昌(ピョンチャン)オリンピック・パラリンピック競技大会の副事務総長金キホン氏がご登壇されました。
 
前回の参加者から「英語以外の言語に対応してほしい」、「グループワークを増やしてほしい」などの声が届いていたことから、第3回より英語だけでなく、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語にも対応した通訳技法のカリキュラムを組み、グループワークではアドベンチャー・コミュニケーション・プログラムの実技に加え、和泉元彌師らによる日本文化理解の体験型講座などが新たに加わりました。
 
これからも日本全国にこの取り組みを広げ、発展させると同時に学んだ語学力を実践に生かす機会を増やしていきます。

次回の第4回目のセミナーは、2017年2月15日(水)~18日(土)京都外国語大学での開催を予定しています。

△ 開会式:神田外語大学酒井学長挨拶

△ 韓国より金キホン氏が基調講演のため来日

△ 和泉元彌師らによる日本文化理解

△ アドベンチャー・コミュニケーション・プログラム(実技)

△ 懇親会の様子

△ 通訳技法の講座

通訳ボランティア育成セミナー参考資料

関連リンク



ページの先頭へ