本文のエリアです。

国際観光科


  • 通訳ガイド実務
  • 旅行プランニング
  • 通訳ガイド英語
  • 国内観光資源

英語力、コミュニケーション能力を身につけ、観光資源について学びます。旅の演出家として、日本から世界へ可能性を広げます。

国家資格である旅行業務取扱管理者試験の合格をめざし、日々変化する観光業界の最新状況や、幅広い知識を学びます。また、添乗やガイドの仕事に共通して必要な語学力を外国人教員から学ぶことで、多文化理解をも深めます。ポイントは「通訳ガイド・海外添乗員として通用する語学運用能力を身につける」、「旅程管理主任者資格を取得し、実際の添乗業務を行う」、「観光産業に不可欠なホスピタリティ・マインドを育てる」の3点。ツアーコンダクターや通訳ガイド、カウンターセールスやツアープランナーなど、平和産業である国際観光業界で即戦力として活躍できる「人財」を育てます。

UPDATE

お客様に夢と感動を提供する素敵な仕事です。

2008年10月に観光庁が設置され、「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が展開されています。今後、ますます多くのお客様が海外から日本を訪れるでしょう。日本から海外へ旅立たれるお客様も増えることが予想されます。まさに文化大交流時代を迎えているのです。そこで必要なのは、外国語によるコミュニケーション力とホスピタリティ・マインドを併せ持った「人財」なのです。

image

国内の添乗業務ができる国内旅程管理主任者資格を取得。

この研修はただバスツアーを経験することが目的ではなく、国際観光科の学生が取得目標としている国内旅程管理主任者資格という国内でお客様をご案内するツアーコンダクターになるために必要な資格を取得するために行っています。それぞれの観光地でのお客様への案内をはじめ、事前に手配したツアープランの実行、バス車内でのアナウンス業務、精算まで、すべての業務を経験します。

image

ブルネイで現地ガイドを体験できます。

ブルネイ・ダルサラーム国の旅行会社で空港・市内間の送迎や観光案内をするインターンシップを体験できます。実務を通して、旅行業界から求められるホスピタリティ・マインドを学び、社会人としての心構えを養います。日本人観光客の案内のみならず、英語を使って外国人観光客を案内する実習も行われます。英語+旅行業のどちらも体験できるプログラムです。

  • インターンシップについて

image

観光名所などで外国人をご案内。フィールドワークで、実務を体験。

外国人観光客に人気の浅草や鎌倉へ行き、通訳ガイド科目で勉強した日本の文化や習慣を英語で外国人に説明するなど、実務を体験できるさまざまなフィールドワークを実施しています。

image

旅行会社の社員から実践的な業務を学びます。

京急観光神田外語学院旅行センター(8号館)にて、旅行業務実習を行い、実践的なスキルを身につけます。

image

東京ディズニーリゾートでのインターンシップを行います。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーなどを運営する株式会社オリエンタルランドでディズニーならではのホスピタリティを学ぶことができます。※(株)オリエンタルランドにて面接があります。

image

この学科は専門科目のほか、英語・ビジネス・ITスキルなどについて学ぶ共通科目と、3学期には自分の目的や目標に合わせた選択科目を履修する学科です。

  • カリキュラム
  • 時間割例

めざす資格

  • 通訳案内士(国家資格)
  • 総合・国内旅行業務取扱管理者(国家資格)
  • 総合・国内旅程管理主任者資格
  • 観光英語検定1級
  • 旅行地理検定国内2級・海外3級以上
  • TOEIC650点以上
  • 実用英語技能検定2級以上
  • 中国語検定4級以上
  • ビジネス能力検定ジョブパス2級以上
  • コンピュータサービス技能評価試験
    (ワープロ・表計算部門)2級以上
これら資格・検定に関しての詳細はこちらをご覧下さい。

資格検定