本文のエリアです。

グローバルコミュニケーション科


  • 卒業制作
  • Business Theory & Marketing
  • ビジネス通訳
  • Reading & Writing

卒業要件TOEIC800点。テーマは「英語・IT・マーケティング」国際社会が求める高い語学力、教養、コミュニケーション力を育てます。

「英語を学ぶ」だけではなく、「英語で問題解決する」ことを目標にしています。英語力を高める科目に加え、論理的思考やディベート&ディスカッションなどの科目では「考え、意見を的確に伝える」ことを学びます。国際社会が必要としているのは、英語力だけが高い人材ではありません。問題を見つけ、協議し、仮説を立て、前へ進み、問題解決する力を持っていなくてはならないのです。高い専門性を持つ教員陣、少人数制、教員間連携を徹底したグローバルコミュニケーション科の成果は、通訳案内士試験の現役合格、全国学生英語プレゼンテーションコンテスト2年連続入賞、国内有名私立大学・国公立大学への編入学、外資系企業や広告業界への就職で証明されています。

UPDATE

「英語を話す」ことより「何を話すか」に重点を置く。

流暢に話すことより、中身のある会話ができることが重要だと考えます。そのためにはさまざまな分野について英語で読んだり、議論したりする必要があるでしょう。Current Affairs や Debate & Discussion、Reading & Writing の授業でさまざまな分野の記事を扱い、ディスカッションします。

image

高い目標を達成するために必要なことは「待たない姿勢」。

講義を聞くだけではなく、常に実践を通して学習します。分からないところは質問する。自分だけ意見が違っても発言するという姿勢が求められます。自信がないとなかなかできないことですが、自信はTOEIC®スコアや学業成績から得るものではなく、熱意と継続から生まれるものです。同じモチベーションで頑張るクラスメイトと充実したサポート体制の中で思い切り勉強して下さい。

image

ビジネスイングリッシュ能力判定表、「Can-Do-List」を導入。

英語での電話対応はどこまでできるか、会議の議事録は英語で書けるか、失礼のない英文レターは書けるか、通訳・翻訳スキルはどのくらいかなど、企業が知りたいスキルを具体的に挙げ、教員が評価します。TOEIC®スコアだけでは伝わらないスキルの成績表です。自分の英語がグローバル社会でどこまで通用するのかを確認しながら勉強を進めることができ、就職活動においても大きな自己PRになります。

image

ノートパソコンを常に携帯し、ITリテラシーを高めます。

学生は常にパソコンを開き、リサーチしたり教員とやり取りしながら学びます。マイクロソフトオフィスを英語で学ぶことも学科の特徴の1つです。外国人教員への質問・フィードバックももちろん英語です。

image

学生一人ひとりの苦手分野とその克服法をスコアシートから分析。

TOEIC®エキスパートの教員が、着実に800点に到達するために指導します。800点は高い山ですが、日々登るべき階段が用意されていれば到達できるゴールです。個別指導によってスコアを伸ばします。

image

  • 2年間のカリキュラムと時間割例(1年生2学期)
    ※ カリキュラムは若干変更することがあります。

  • カリキュラム

めざす資格

  • 卒業要件TOEIC®800点以上
  • 目標TOEIC®900点
  • 「ビジネス翻」にて工業英語能力検定試験3級。
これら資格・検定に関しての詳細はこちらをご覧下さい。

資格検定

学科説明会

この学科の卒業要件には、指定された授業科目147単位を満たし、かつTOEIC®800点以上を取得することが定められています。また毎日ノートパソコンを持参することが義務付けられています。これら本学科の特性を十分ご理解いただくために、授業体験デーの講座内で説明会を開催していますので必ずご参加下さい。説明会参加者には、出願時に必要な「説明会参加証明書(2017年度入学志願者対象)」を発行いたします。

グローバルコミュニケーション科では詳しい説明会を開催しております。
  • 参加予約