本文のエリアです。

インフォメーション

このページを印刷する


アジア/ヨーロッパ言語科 中国語コース中国春期研修を実施しました

2017.04.04
神田外語学院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月7日(火)から3月21日(火)の15日間、中国語コースの希望者12名が、中国山東省青島市にある協定校、青島濱海学院での短期研修を行いました。

 

 【目次】

1. 中国語授業
2. 本科ビジネス学院マーケティングの授業を聴講
3. 中国文化体験
4. 現地学生との交流
5. 幼稚園訪問
6. 世界動物標本芸術館
7. 産後ケアセンター見学
8. パナソニックデバイス青島(有)工場見学
9. 観光
10.いちご狩り
11.研修を終えて
12.その他写真
13.関連サイト

【1.中国語授業】

レベルテストの結果、本学在学生は4つのクラスの中から中級クラスと上級クラスに振り分けられました。授業は中国語だけで行われるため、文法を学ぶと同時にリスニング力もつけることができ、中国語力がぐんぐん上がっているのを実感することができました。また、日本人は本学在学生だけの中、韓国・ロシア・ベトナムなど多国籍なクラスメイトと一緒に勉強できたことは大変刺激になり、他のクラスメイトに負けじと発言をするなど、積極的に参加をする姿勢も見られました。

【2.本科ビジネス学院マーケティングの授業を聴講】

授業は全て英語で行われ、現地の中国人大学生がどのような授業を受けているかを直接体験することができました。

【3.中国文化体験】

 京劇や切り紙など、専門の講師から中国語のみで受ける授業は大変興味深く、日本では体験することが難しい貴重なものとなりました。
※京劇とは中国の伝統的な古典演劇のこと。

京劇体験

 

切り紙体験

【4.現地学生との交流】

現地滞在中は、神田外語学院生1名に青島濱海学院生が1名パートナーとしてつき、最後の最後までサポートしてくれました。外に出かける時は付き添ってもらったり、夜遅いときはわざわざ遠い留学生寮まで送ってもらったりと、本当に親切にしていただきました。学生自身も「2週間という短い時間でここまで仲良くなれるとは思わなかった」と驚くほど、日中でとても深い交流を持つことができました。

中国人学生と一緒に餃子作りを体験

 

【5.幼稚園訪問】

青島濱海学院内にある幼稚園で、子供たちに中国語で絵本を読むという経験もすることができました。

【6.世界動物標本芸術館】

青島濱海学院校内にある世界動物標本芸術館を見学しました。

【7.産後ケアセンター見学】

青島濱海学院が経営している、オープン前の産後ケアセンターを見学しました。

 

【8.パナソニックデバイス青島様工場見学】

パナソニックデバイス青島様で工場見学、会社説明会をして頂きました。スマートフォンのスイッチや車載器など、身近にあってもじっくり見る機会の少ない製品が見られたこと、またそれらを作っている現場を直接見学できたことは、今回の研修の大きな成果の一つとなりました。学生からは「日本企業が中国に進出してどんな開発や活動をしているのかがわかり、とても有意義だった」との声や「進路選択で迷っていたが、中国語を活かしてどのように進路選択をすればいいかのアドバイスもいただきとても良かった」などの声を聞く事ができました。

【9.観光】

 

【10.いちご狩り】

【11.研修を終えて】

Q.今回の研修でどんな発見、学びがありましたか。
A. 「現地に行ったことで、中国の文化や中国の常識が少しわかった。中国人学生との交流の中、中国語の文法だけではなく、自然な表現、今若い人の間で流行っている言葉など、日本で勉強しているだけでは知らなかったことを知ることができたのがよかった」
 
「文化も違えば言葉も違う韓国人学生と交流したこと。互いの母語ではない中国語を使って青島で交流したことがとても嬉しかった」
 
「2週間だけの短期留学だったが、相手の言っていることも聞き取れるようになり、リスニングはかなり伸びる。日本がどれだけ便利で毎日美味しい物を食べているか実感した。中国はトイレットペーパーが流せない。食品は安い。中国人、韓国人は勉強にストイック、日本の環境がどれだけ甘いかを痛感した」
 
「留学に行く前までは中国にいい印象はなく、ちょっと不安な気持ちを持ちながら行ったが、本当に学生も先生たちもいい人ばかりで、ガラリと印象が変わった。想像していたより綺麗で、雰囲気も素敵だった!」
 
Q.この2週間で達成感を得た、満足感を得た、楽しかったことはなんですか。
A.「まずは在学生同士が共に生活する中でお互いに打ち解けられ、仲良くなれた事がよかった。また、日本人、中国人が互いに信頼しあえたことも1つの成長だと思う」
 
「学校の外に1人で買い物に行き、テイクアウトをすることができた!初めて日本語が全くわからない中国人と会話をしたので、自分の中国語が通じたことにとても達成感を感じることができた。中国での生活は新鮮なことばかりで毎日毎日とても楽しかった」
 
「学校で学んだことが活かせたのが嬉しかった!例えば、言いたいことをなかなか伝えられないとき、あの授業の教科書のあのフレーズが使えるな、あの先生の授業でやった表現が使えるな、という気づきがあったことなど。最後の感謝の会でのパフォーマンス披露が成功したことが一番達成感があった」
 
Q.今回の研修は、今後の進路(就職・進学)を決める上で参考になりましたか。
A.「他大学に行き中国語とは別のことをするか、このまま中国語を続けるか迷っていた。留学は2週間だけだったが、その迷いを払拭できる程濃いものだった」
 
「今回研修に参加したことで、もっと中国語を勉強しないと、ちゃんと自分の気持ちをそのままのニュアンスで伝えられないと思った。もっと留学に行きたいと気持ちが
増した。また、将来はやはり中国語を使う仕事に就きたいと思った」
 
「国内で進学を考えていたが、留学を視野に入れていきたいと思うようになった。留学を反対されていたが、今回の研修を機に進路を留学に変更できそう」
 
青島濱海学院の皆さん、大変お世話になりありがとうございました。来年また会いましょう!

帰国日、空港まで青濱海学院の皆さんが見送りに来てくれました。

 

【12.その他写真】

青島濱海学院の韓方希校長と

青島濱海学院から本を寄贈して頂きました。

大学校舎

大学食堂

青島濱海学院の皆さんと各国から来た留学生たち

 

【13.関連サイト】


年別アーカイブ

RSS

ページの先頭へ