本文のエリアです。

日本語研修

国際ビジネスの人材育成を、私たちがお手伝いします。


外国人社員対象

「外国人のすることは・・・」と思われる前に。

マナー・異文化研修

1

挨拶、お辞儀の仕方

2

名刺の受け渡し、席次について

3

仕事の進め方(報告・連絡・相談)

4

多くの日本人の考え方

「まさかそんな意味にとるとは思わなかった」
「え?日本人なら絶対しないのに」
・・・などと思われたことはありませんか?「外国人のすることは」と思われる前に、どうしてそのようなことを言うのか、またするのかなど、異文化から来る言動を知ることでお互いのよりよい理解につながると確信しています。
KGCCでは外国人社員の方に日本人同様のマナー研修を実施いたします。また日本人社員の方にも異文化研修を実施して、よりよいコミュニケーションのお手伝いをしたいと考えております。

入社暦の違う外国人社員のさまざまなニーズに対応。

日本語研修

1

電話の受け答え

2

新商品の説明

3

出張報告

4

議事録を書く

5

仕様書を読む、書く

2~3年から10年以上と、入社歴の違いは様々なニーズを生み出します。そこには外国人社員の日本語力の違いも大きな影響を与えます。
「指示は伝わるようになったみたいだが、いまひとつ理解できているかどうかわからない」 「会議の議事録を頼んだが、思ったようなものが出来上がらない」など・・・。
KGCCでは企業様の持つ一つ一つの異なるニーズに柔軟に対応し、最適な研修を実施いたします。

より円滑なコミュニケーションのために。

外国人社員の「こんなこと」でお困りではありませんか?
「日本人と同じくらい話してほしい」「言っている意味はわかるけど、その言い方じゃ・・・」「えっ?同じ意味じゃなかったの?」 「日常会話はいいけれど、仕事の日本語は・・・」などなど・・・。
外国人社員と一緒に働くときには、外国人が日本人に感じるのと同じような不安や心配を日本人社員の方も感じているのではないでしょうか。

言ったことを理解してもらえない

聞き取りのレッスン

もっとわかりやすく話してほしい

話すためのレッスン

発音が分かりにくい

発音矯正を含むレッスン

もう少し文字が読めるようになってほしい

読解のレッスン

日本企業での仕事の進め方に馴染めない

ビジネスマナー

企業・法人担当者と外国人社員の声に耳を傾けて、両者にとって最適な研修を実施いたします。

外国人新入社員対象

日本語研修を通じて「学生」から「社会人」へ。

日本語研修

1

敬意表現

2

ビジネス用語

3

同僚になる日本人の考え方

内定者、あるいは入社したばかりの外国人社員は、まだ学生ことばのままでいることが多いものです。
まず、そのことば遣いを社会人のものにすること。そして、きちんとした敬意表現を間違いなく使えるようになること、ビジネス用語を理解することなどなど・・・。
「来年から社会人」「来月から社会人」または「入社一ヶ月の新人」そんな新入社員の方から「今、困っていること」を聞き、「今、身につけたい日本語は何か」を一緒に考えたいと思います。そして、社会人になるために必要な高度な日本語を身につける新人向けの最適な研修をご提案いたします。

留学生対象

「今の日本」に触れられる体験を。

日本語研修

1

フィールドトリップ

2

日本文化の体験

3

日本人学生との交流

4

一般の日本人と話す

日本語専攻、日本文化専攻など、外国で日本語を学ぶ学生は多いですが、実際に来日して文化に触れる機会のある学生は一握りです。せっかく来日したのだから、日本語学習だけにとどまらず、できれば文化も体験したい。できるだけ日本人とコミュニケーションをしてみたいなど。
「今の日本」に触れられる、そんな日本語研修を実施いたします。



企業での研修をご希望の方は、まず書き余地お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 資料請求

ページの先頭へ