学習者の発話を促す工夫:Ideas for Activation Students' Communication in English

教員対象講座 1講座につき2,000円(税込)

夏季英語教育公開講座開講へのお願い

今年も神田外語グループが主催する英語教育公開講座のご案内をお送りすることができ、大変嬉しく思っております。過去2年間に渡る校舎ビルの耐震工事が終了し、今年は東京・神田での開催となります。

昨年は高等学校英語新指導要領に基づく授業をどのように組み立てるかについて「英語コミュニケーションのための授業計画」というテーマで講座を行いましたので、今年はそれをどのように実践するかに視点を置き、「学習者の発話を促す工夫」と具体的なテーマとしました。

ゲスト講師として、昨年度の公開講座で基調講演をお願いした文部科学省の向後秀明先生からご推薦いただいた3名の中学・高校の先生方に講座をお願いしました。山形県立山形南高等学校の米野和徳先生、東京都立両国高等学校の布村奈緒子先生、そして宇都宮大学教育学部付属中学校の田村岳充先生です。これら3名の先生方にはそれぞれの立場から、日頃実践されている英語による対話を促すための工夫を発表していただきます。中学高校の現役教諭による講座は昨年から設けていますが、参加希望者が大変多く、アンケートからも「大変参考になった」「他の先生方がどのように工夫しているかが分かった」などの意見が寄せられ、大変好評でした。

発表の最後には意見交換の時間を設けていただきますので是非ご参加ください。

その他、時代に沿ったトピックとして、日本の特徴や文化・習慣を英語で伝えたい、また学内LANの普及に伴い、ICT技術を英語授業にもっと応用して可能性を広げたいという参加者の期待にお応えする講座も用意しました。神田外語大学講師の藤村朋子先生には「日本文化を英語で紹介しよう」というタイトルで中学・高校生向けの学習活動をご紹介いただきます。また、神田外語大学ELI講師のCharlotte Lin先生には従来の授業とテクノロジーとの混合授業―Blended Learningを導入する意義や可能性について、神田外語学院専任講師のKieran Julian 先生にはテクノロジーを授業に応用する実践例を紹介していただきます。

最後に、講座数は限られておりますが、大宮(7月30日)と静岡(8月8日)でも受験生・高校生向けイベントであるEnglish Live 2015 と同じ会場で、英語教育公開講座を同時開催いたしますので、ぜひともお近くの会場にご来場いただき、有意義な研修としていただければ幸いです。会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

長谷川 貢
長谷川 貢 / MITSUGU HASEGAWA
神田外語教育公開講座プロデューサ・神田外語学院教育部教育開発指導担当

Page Top